オンラインマニュアル

取引

振込振替依頼(承認機能をご利用されない場合)

お申込口座から振込振替を行うことができます。
振込振替は、事前に申込書にて入金先を登録する方法(事前登録方式)と、ブラウザ画面上で登録した入金先や過去の取引の入金先からその都度指定する方法(都度指定方式)があります。
事前登録方式で1通り、都度指定方式で3通り、計4通りの利用方法があります。


【振込振替における留意事項】
当日扱いおよび7営業日先までの振込振替の予約ができます。

都度指定方式の当日扱いの振込振替は、申込書で選択された方のみ可能です。

振込振替実行後、当行より振込振替受付番号を記入した電子メールをお送りしますので、必ず内容をご確認ください。

予約扱いで振込振替依頼を行った場合は、振込振替指定日に必ずご依頼の処理結果をご確認ください。(振込振替の「振込データの状況照会・取消」メニューで照会可能です。)

予約扱いで振込振替依頼を行った場合は、振込振替指定日の営業開始時点で引落処理を致しますので、前日までに振込振替資金をご入金ください。 引落が出来なかった場合(残高不足、支払指定口座の解約、正当な理由による支払停止等の場合)は、その振込振替は取り消されたものとして取り扱います。

振込振替は、ご出金口座・ご入金口座によって受付時間が異なります。必ずご利用時間を確認の上、余裕を持って操作を行ってください。 受付時限間際はお取引が集中し、時間内にお取引が完了しない場合がありますのでご注意ください。

1日当たりの振込振替限度額と本日の振込振替累積額を画面上で確認の上、振込振替手続きを行ってください。

当行宛および都度指定方式の他行宛振込振替の場合、振込先口座確認のご利用時間内は、受取人の口座名義を確認のうえ画面上に表示します。 サービス時間外や口座確認のできない口座の場合には、事前に登録された受取人名により振り込みますので、内容確認画面で間違いがないことをご確認のうえ、お振込みください。(事前登録方式による他行宛振込振替の場合は、申込書にご記入の口座名義を受取人名として振り込みます)

入金先の科目・口座番号・受取人名が相違していると、振込振替できない場合があります。その場合、組戻し手続きが必要となりますので、 入力内容については十分にご確認願います。

事前登録方式

事前登録口座一覧

事前に当行へお申込みいただいた入金先口座の一覧から、入金先口座を選択して振込振替を行うことができます。

1.
「資金移動」メニューをクリックしてください。
業務選択画面が表示されますので、「振込振替」ボタンをクリックしてください。
[BSSK001]業務選択画面
2.
作業内容選択画面が表示されます。
「新規取引」ボタンをクリックしてください。
[BFKF001]作業内容選択画面
3.
支払口座選択画面が表示されます。
支払口座を選択し、「次へ」ボタンをクリックしてください。
[BFKF002]支払口座選択画面
4.
振込先口座指定方法選択画面が表示されます。
「事前登録口座一覧から選択」ボタンをクリックしてください。
[BFKF003]振込先口座指定方法選択画面
5.
事前登録方式口座一覧画面が表示されます。
振込先を選択し、「次へ」ボタンをクリックしてください。
[BFKF005]事前登録方式口座一覧画面

振込先口座の絞り込み条件入力欄でいずれかの条件を入力後、「絞り込み」ボタンをクリックすると、条件を満たした登録済みの口座を表示することができます。
複数の振込先口座を選択した場合は、連続して振込振替を行うことができます。振込先口座は一度に10件まで選択可能です。

「経過期間中」と表示されている振込先口座は、金融機関または支店が将来的に廃止または異動されます。
「店舗なし」と表示されている振込先口座は、金融機関または支店が既に廃止または異動されています。

6.
支払金額入力画面が表示されます。
振込指定日、支払金額、手数料等を入力し、「次へ」ボタンをクリックしてください。
[BFKF011]支払金額入力画面

【振込振替の受付時間】
当日扱い 本支店宛:平日 7:00〜17:00(但し入出金口座が当座預金の場合は15:00まで)
他行宛:平日 7:00〜15:00
予約扱い 平日 7:00〜23:00、土日祝休日 7:00〜21:00
(翌営業日以降7営業日先までの予約が可能)

受付時限を過ぎますと、翌営業日以降のお取扱いになりますのでご注意ください。

「カレンダーを表示」ボタンをクリックすると、振込指定日を設定することができます。

取引名(任意)を入力することができます。
取引名が未入力の場合、「○月○日取引」をセットいたします。(○月○日は当日の日付です。) 取引名は画面上のメモ情報であり、振込には反映されません。

振込メッセージまたは振込依頼人名(任意)を入力することができます。入力を省略することもできます。
※振込メッセージは、振込先の企業が「EDI情報」システムを導入されている場合にご利用することができます。

「クリア」ボタンをクリックすると、入力項目がクリアされます。

振込先一覧から明細の「削除」ボタンをクリックすると、該当の明細を削除することができます。

「振込先の追加」ボタンをクリックすると、振込先を追加することができます。

「一時保存」ボタンをクリックすると、作成しているデータを一時的に保存することができます。

7.
内容確認画面が表示されます。
確認後、支払暗証番号を入力し、「次へ」ボタンをクリックしてください。
[BFKF012]内容確認画面

「ソフトウェアキーボードを開く」ボタンをクリックすると、画面上に文字ボタンを表示させ、マウス操作により暗証番号を入力することができます。
お客さまの取引をより安全にお守りするために、当行では暗証番号の入力には、「ソフトウェアキーボード」のご利用をお勧めします。

「取引情報の修正」ボタンをクリックすると、取引情報を修正することができます。

「支払口座の修正」ボタンをクリックすると、支払口座を修正することができます。

「明細の修正」ボタンをクリックすると、支払金額入力画面が表示されます。
振込先一覧の「削除」ボタンをクリックすると、振込データから該当の明細を削除することができます。

「印刷」ボタンをクリックすると、印刷用PDFファイルが表示されます。

8.
実行確認画面が表示されます。
内容を確認の上、「実行」ボタンをクリックしてください。
[BFKF013]実行確認画面

既に同一振込情報(受付日または指定日、支払口座、入金先口座情報、振込金額)が存在する場合、二重振込警告メッセージが表示されます。
内容を確認の上、お取引を継続する場合は「取引を継続する」にチェックし、「実行」ボタンをクリックしてください。

複数の入金先口座を選択した場合は、「中断して次の取引へ」ボタンをクリックすると、表示されている入金先口座への振込振替を中断し、次の入金先口座への振込振替を行うことができます。

9.
実行結果画面が表示されます。
内容を確認の上、「トップページへ」ボタンをクリックすると、トップページ画面へ戻ることができます。

複数の入金先口座を選択し、全件分振込振替が行われていない場合は、「次の取引へ」ボタンが表示されます。
確認後、「次の取引へ」ボタンをクリックすると、次の振込振替を行うことができます。

ご依頼の内容は、振込振替作業内容選択画面の「振込データの状況照会・取消」ボタンから確認することができます。

「同一口座から振込振替」ボタンをクリックすると、同一口座から振込振替のお取引を続けて行うことができます。

「印刷」ボタンをクリックすると、印刷用PDFファイルが表示されます。