ビジネスWebサービス

資料請求体験版

ビジネスWebサービスの特長

1

便利!・オフィスにいながらにして、貴社口座の預金残高や入出金の状況等を確認することができます。
・外国送金、輸入信用状の開設・条件変更のお申込み、為替予約の申込・締結、計算書情報、取引履歴の照会を行うことができます。(別途、外為Webサービスのご契約が必要です)
・電子記録債権(でんさい)を活用した、手形・振込に代わる新しい資金決済サービス、でんさいサービスがご利用可能です。(別途、でんさいサービスのご契約が必要です)

外為Webサービスについてはこちらでんさいサービスについてはこちら

2

簡単! インターネットに接続できるパソコンさえあれば、新たな機器やソフトを購入することなくご利用可能です。

3

経済的!契約料は無料です。月間基本料は低コスト、振込手数料も窓口をご利用いただくより、お得です。

4

安全!・最新の暗号化技術(128ビットSSL暗号化通信方式)の採用により、お客さまの情報を保護しています。
・電子証明書・各種パスワード等により、ご利用者がご本人であることを確認し、不正利用を防ぎます。

  • サービスのご案内
  • ご利用開始までの流れ
  • セキュリティ
  • Q&A・操作にお困りの方(電子証明書)

セキュリティについて

〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスでは、本サービスを安心してご利用いただけるよう、インターネット上での情報の盗聴、データの偽造や改ざん、第三者の不正使用などを防ぐため、以下の対策を実施しています。

128ビットSSL(Secure Socket Layer)暗号化通信方式の採用

SSLとは、ネットスケープ社が開発した、インターネット回線を流れるお客さまの情報を、お客さまのパソコンのブラウザと当行のサーバーの間で暗号化する仕組みです。現在、最もセキュリティ度の高い暗号化技術である米国ベリサイン社による128ビット暗号化システムによりお客さまの情報を保護しています。これによって暗号化された情報は、2の128乗通りの符合を組み合わせてできていますので、現時点で、解読はほとんど不可能とされています。
※記載されている会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。

電子証明書の発行

ログイン方式で「電子証明書方式」をご選択いただくと、お客さまがサービスをご利用可能なパソコンを特定することができますので、第三者による不正使用を防ぐことが可能です。

ワンタイムパスワード認証

パスワード生成機の画像

パスワード生成機に表示される、60秒ごとに更新される1回限りのパスワード(ワンタイムパスワード)を入力して本人認証を行い、第三者による不正取引を防止することが可能です。

ウイルスや不正アクセスへの対策

  • お客さまが当行のインターネットバンキングやホームページをご利用いただいている間、スパイウェアの侵入やウイルス活動等を監視し、必要に応じ探知・駆除・遮断を行うセキュリティツール「SaAT Netizen(サート ネチズン)」を提供しています。

フィッシング詐欺の防止

  • お客さまがサービスご利用時に正当な画面にアクセスしているかを安易に確認可能な「個別ドメイン(EV SSL証明書)」および「Phish Wall(フィッシュウォール)」を提供しています。
  • 操作画面に表示されるURLにビジネスWebサービス独自のドメイン(個別ドメイン)を使用し、偽サイトとの識別を容易にします。ドメインとは、インターネット上に存在するコンピュータやネットワークを識別し、階層的に管理するために登録されている名前で、重複しないように発行・管理されているものです。
Phish Wall(フィッシュウォール)
  • より安全にインターネットバンキングをご利用いただくため、フィッシングサイト閉鎖サービス「RSA FraudAction(アールエスエー・フロードアクション)」を導入しております。本サービスにより、フィッシング詐欺被害の拡大を防止します。

ソフトウェアキーボード

  • 各種パスワード・暗証番号の入力時に、「ソフトウェアキーボード」をご利用いただくことにより、キーボードの入力記録を盗み取ろうとするスパイウェア「キーロガー」に対し、情報漏洩を防ぎます。
    ソフトウェアキーボードの画面の画像

IBロック機能

  • 携帯電話(モバイルバンキング)からインターネットバンキングの利用可否を設定いただけます。

厳重な本人確認

  • 申込書により、ご契約いただいた印鑑を照合しています。
  • サービス利用の際には、パスワード等により契約者ご本人であることを確認しています。
  • パスワード等を複数回誤って入力された場合、サービスのご利用を一定時間停止いたします。

ご利用履歴の表示

過去の直近3回までのログイン日時をトップ画面に表示しますので、ログイン履歴を確認していただけます。

  • ※お客さま以外の第三者の利用を防ぐため、ログイン中にパソコンから離れないで下さい。

自動ログアウト

ログインしたまま一定の時間内に操作がない場合、自動的にログアウトし、お取引を終了いたします。

パスワード変更通知

各種パスワードは、90日間変更がない場合、お知らせいたします。

  • ※画面上での変更が可能です。

電子署名付きメールによるご連絡(S/MIME)

当行からビジネスWebサービスのお取引に伴い送信する各種メールには電子署名を付けてお送りいたします。
電子署名により“メール送信者が広島銀行であること”、“メールが途中で改ざんされていないこと”をご確認いただけます。

(ビジネスWebサービス関連の送信元メールアドレス)
ibmail@bizsol.hirogin.co.jp (ビジネスWebサービス関連)
ibmail@wf0169.hirogin.co.jp (電子交付サービス関連)

  • ※サービスの機能拡充等に関するお知らせをお送りしているdbguide@po.hirogin.co.jpや、でんさいサービス・外為Webサービスに関するメールは電子署名に対応しておりませんのでご了承ください。

○電子署名付きメールの仕組みおよび確認方法についてはこちら をご覧ください。

なお、当行から電子メール等でパスワード等をお客さまにおたずねすることは一切ありません。

  • ※取引内容に心当たりのない場合は、すぐに、当行までご連絡ください。

システム監視体制

インターネットから銀行のコンピュータへの不正なアクセスを防止するため、ファイアーウォールを設けています。

お客さまへのお願い事項

  • パスワード等は契約者ご本人を確認させていただくために大変重要なものです。必ず契約者ご本人が責任をもって管理し、他人に内容を知られないようご注意ください。
  • パスワード等は定期的に変更することをお勧めします。
  • 〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスのご利用は、契約者ご本人が管理するパソコンを使用してください。第三者が不正な装置等を取り付けている可能性のあるパソコンでのご利用はおやめください。
  • 本サービスのご利用にフリーメールアドレス(無料で取得できるメールアドレス)のご登録はお避けください。

スパイウェアやフィッシング詐欺等の金融犯罪の被害に遭われないようこちらをご確認いただき、十分にご注意ください。

正当な「〈ひろぎん〉ビジネスWebサービス」の画面へのアクセス確認方法

サービスご利用時の個人情報入力の際、以下の方法で当行の正当な画面へアクセスしているかご確認いただけます。(ログインID、ログインパスワード等をご入力される前にご確認ください

お客さまがサービスご利用時に、正当な画面へアクセスしているかをより容易に確認いただけるよう「EV SSL証明書」を導入しております。

InternetExplorerでは「ブラウザのアドレスバーの色」と「サイトを運営する企業名の表示」の2点を確認することにより、正当なサイトであることを確認できますので、万が一、「ビジネスWebサービス」画面に見せかけたサイト(フィッシングサイト)にアクセスした場合でも、視覚的に簡単に判別できるようになります。

  1. ブラウザのアドレスバーが緑色に表示されていること
  2. 鍵マークおよび「The Hiroshima Bank,Ltd.」が表示されていること(EV SSLサーバ証明書を発行した認証局名も交互に表示されます)をご確認ください。

ブラウザのアドレスバーが緑色に表示された状態の画像

※アドレスバーが赤色になり、「Phishing Website」と表示された場合や白色の場合は、「ビジネスWebサービス」画面に見せかけた偽のサイト(フィッシングサイト)の画面ですのでID・パスワード等の情報は入力しないようご注意ください。

アドレスバーが緑色に変化する仕組みに対応しているブラウザはInternetExplorer7以降が対象です。

お問い合わせ ■画面操作方法やエラーメッセージへの対処方法などのお問い合わせはサポートデスクまで

■〈ひろぎん〉ビジネスWebサポートデスク

  • TEL0120-920-632
上記をご利用いただけない場合  082-208-0226 (通話料はお客さま負担)
受付時間/平日9:00~18:00 (土・日・祝休日、大晦日、正月3が日は除く)

■振込の訂正・組戻、ウイルス感染などのお問い合わせはお取引店まで

〈ひろぎん〉の窓口

店舗検索