ビジネスWebログイン
↓ ビジネスWebサービスに関するお知らせ
ビジネスWebサービスに関する
お問い合わせについて
セキュリティツールのご案内
 ビジネスWebサービスに関するよくあるご質問の回答を公開しておりますので、ぜひご覧ください。
<よくあるご質問>
電子証明書・パスワード等について
電子署名付きメールについて

※〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスから配信されている電子署名付きメールの閲覧時にセキュリティの警告メッセージが表示される事象について、詳しくはこちらをご覧ください。

※2018年7月4日までに配信された電子交付サービスに関する電子メールを7月6日以降に開いた場合、電子証明書の有効期限切れメッセージが表示される場合がございます。その場合はこちらをご覧ください。

<ご質問の多い操作のマニュアル>
[1] お申込の前に事前確認
OSブラウザの利用推奨環境はこちら
[2] 複数ユーザや複数のパソコンでご利用の場合
「ログインID登録方法」
[3] メールアドレスの確認・変更
「登録メールアドレスの変更方法」PDF
[4] 電子証明書の取得操作
「電子証明書取得方法」PDF

※電子証明書取得・ログイン時に不具合が発生した場合は、こちらをご覧ください。(事象毎の解決策を公開しております)

※その他のオンラインマニュアル、サービスに関するQ&Aはこちら。

 ひろぎんでは、当行インターネットバンキングで安全にお取引いただくためにセキュリティツール(SaAT Netizen)を無償で提供しています。

 「SaAT Netizen(サート ネチズン)」は当行のインターネットバンキングやホームページをご利用いただいている間、スパイウェアの侵入やウィルス活動等を監視し、必要に応じ検知・駆除・遮断を行ないます。

SaAT Netizen(サート ネチズン)

 インターネットバンキングをご利用の際には、セキュリティソフト(SaAT Netizen)のご利用をお薦めいたします。

※ご利用にはソフトウェアのインストールが必要です。
※お使いのパソコン環境によってはご利用いただけない場合がございますので、ご了承ください。


ビジネスWebサービスに関するお知らせ

■ 全銀振込時間拡大およびサービス内容変更等について
2018年9月

くわしくはこちらをご覧ください。


■ 三菱東京UFJ銀行の行名変更に関するお知らせ
平成30年3月

 「三菱東京UFJ銀行(以下、旧行名)」が平成30年4月1日より行名変更し、「三菱UFJ銀行(以下、新行名)」となります。平成30年6月29日まで(以下、読替期間)は、旧行名宛に振込した場合、全銀にて新行名に読み替えられます。

◎ビジネスWebサービスにおける振込先・請求先の取扱いは、以下の通りとなります。
 (弊行への書面でのお手続きは不要です)
振込振替
  • 旧行名で登録されている事前登録口座・都度指定口座は、読替期間終了までに全て新行名に変更いたします。(5月6日予定)
データ伝送
(総合振込・給与振込・
 賞与振込・ワイドネット)
  • 画面から旧行名で登録いただいている振込先・請求先口座は読替期間終了までに全て新行名に変更いたします。(5月6日予定)
  • 会計ソフト等で作成されている振込・請求データについては、お客さまご自身で読替期間終了までに新行名への変更をお願いします。

※変更対象は振込振替・データ伝送における登録口座です。作成中・保存中のお取引や取引履歴・過去データは対象外となります。7月2日以降を指定日とするお取引の場合は旧行名宛のデータ(画面上赤色表示のもの)を利用しないようご注意ください。(読替期間中の黄色表示はご利用いただけます)


■ 〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスの機能拡充について
平成30年3月

ビジネスWebサービス(データ伝送サービス)の機能拡充についてお知らせします。

【機能拡充内容】
ビジネスWebサービスにおいて、データ伝送の受付時限を以下の通り延長します。
  変更前 変更後
総合振込 振込指定日の前営業日16時 振込指定日の前営業日17時
給与(賞与)振込 当行のみ 振込指定日の前営業日16時 振込指定日の前営業日17時
他行あり 振込指定日の2営業日前10時 振込指定日の2営業日前12時
口座振替 引落指定日の3営業日前16時 引落指定日の3営業日前17時
ワイドネット代金回収 引落指定日の7営業日前16時 引落指定日の7営業日前17時
ヒットライン代金回収 引落指定日の5営業日前16時 引落指定日の5営業日前17時
地方税納入 納入指定日の5営業日前16時 納入指定日の5営業日前17時
【実施日】 平成30年3月19日(月)

■ 利用推奨環境等の変更について
平成30年1月

ビジネスWebサービス(でんさいサービス・外為Webサービスを含みます)を以下の通り変更します。
【実施日:平成30年1月4日】

○利用推奨環境の変更について
ビジネスWebサービスの利用推奨環境に「Google Chrome」・「Microsoft Edge」を追加します。
ただし、「Google Chrome」・「Microsoft Edge」では電子証明書の発行・更新は行えませんので、発行・更新時はIE11をご利用ください。
平成30年1月4日より、対象OSブラウザの組合せは以下の通りとなります。

※本件にあわせ、平成29年9月に実施しておりました「Google Chrome」の“パスワード保存”制限機能を見直します。Googleのセキュリティポリシーを反映し、利用者側で保存を行うかどうかを選択できるようになります。

対象OS 対象ブラウザ
Windows 7  (SP1以降) IE 11
Google Chrome
Windows 8.1 (デスクトップモードのみ) IE 11
Google Chrome
Windows 10 (デスクトップモードのみ) IE 11
Microsoft Edge
Google Chrome
○電子証明書の発行可能時間拡大
電子証明書の発行可能時間を以下の通り拡大します。
対象外であった金曜22:00〜土曜4:00の時間帯における電子証明書発行を可能とします。
  変更前 変更後
発行可能時間 0:00〜24:00
但し、以下を除く

・1/1〜1/3、5/3〜5/5
・第1、第3月曜の2:00〜6:00
・ハッピーマンデーの前日21:00〜翌6:00
金曜22:00〜土曜4:00

0:00〜24:00
但し、以下を除く

・1/1〜1/3、5/3〜5/5
・第1、第3月曜の2:00〜6:00
・ハッピーマンデーの前日21:00〜翌6:00


■ 機能改善の実施について
平成29年7月

ビジネスWebサービス(照会・振込サービス)において、平成29年7月17日に機能改善を実施しますので、お知らせします。

【帳票への「口座メモ」情報表示について】
ビジネスWebサービスの照会・支払口座に対して、任意に設定している「口座メモ」情報を以下の帳票(PDFファイル)へ追加表示します。

〔対象帳票〕

  • 入出金明細照会結果帳票
  • 振込入金明細照会結果帳票
  • 税金・各種料金の払込帳票
※各メニューの画面上の「印刷」ボタンから開くPDFファイル

◎画面イメージについてはこちら をご覧ください。


■ 〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスの機能拡充について
平成29年4月

ビジネスWebサービス(照会・振込サービス)の機能拡充についてお知らせします。

《1》 振込振替の一時保存機能
振込振替の操作途中で、入力内容を一時保存する機能を追加します。
今までは操作途中で中断した場合、あらためて入力しなおす必要がございましたが、本機能追加により、途中までの保存データから再開することが可能となります。
  変更前 変更後
一時保存 振込振替 ×
データ伝送
《2》 過去振込先の表示件数拡大
振込振替における振込先指定方法の「過去振込先からの選択」の表示件数を拡大します。
  変更前 変更後
過去振込先の表示件数 10件 50件

【実施日】 平成29年4月17日(月)

◎画面イメージについてはこちら をご覧ください。


■ 【Windows10ご利用のお客さまへ】Windows10 Creators Updateによる影響について
平成29年4月

くわしくはこちらをご覧ください。


■ 予約扱い振込振替の処理不能通知メールの配信について
平成29年2月

ビジネスWebサービス(照会・振込サービス)の機能拡充についてお知らせします。

予約扱いの振込振替が指定日当日に処理不能となり、振込振替できなかった場合、メールにてお知らせします。
【対象取引】 照会・振込サービスの予約扱い振込振替
  ※他行宛振込で振込発信後に振込先金融機関で処理不能となったものはメール配信の対象外です。
     今まで通りお電話にてご連絡させていただきます。
【配信タイミング】 振込振替指定日の午前8:10頃から
【配信開始日】 平成29年2月20日(月)

また、あわせて以下の画面改善も行います。 【実施日】 平成29年2月20日(月)

  • ビジネスWebログイン後のトップページお知らせ欄へ、上記メールと同内容の通知を掲載します。
  • 振込振替の「振込データの状況照会・取消」メニューの取引結果表示を改善します。

振込振替の指定日当日にはメールまたは画面にて結果をご確認いただきますようお願いいたします。

◎詳細および画面イメージについてはこちら をご覧ください。


■ 電子署名付きメールのセキュリティ強化について
平成28年11月

当行からビジネスWebサービスのお取引に伴い送信する電子署名付きメールの署名方式を、「SHA-1」からより高度で安全な「SHA-2」へ変更します。

※「SHA-1」は安全性低下を受け、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)など様々な機関から「SHA-2」への移行が推奨されております。

電子署名とは“メール送信者が広島銀行であること”、“メールが途中で改ざんされていないこと”をご確認いただけるものです。電子署名付きメールの詳細についてはこちらをご覧ください。

ご利用パソコンのOSやメールソフトが「SHA-2」に対応していない場合、電子署名の検証(メール送信者や改ざん有無の確認)が行えなくなり、メール閲覧時にセキュリティ警告が表示される場合があります。
メールの閲覧自体は可能ですが、出来る限り「SHA-2」対応のOS・メールソフトへバージョンアップいただきますようお願いします。
※バージョンアップの方法については各ソフト会社やパソコン購入先等へご確認いただきますよう、あわせてお願いいたします。

【実施日】
平成29年1月1日
【「SHA-2」対応のOS・メールソフトについて】
  • OSは利用推奨環境のものをご利用ください。利用推奨環境についてはこちらをご覧ください。
  • 「SHA-2」対応が確認できているメールソフトは以下の通りです。(平成28年11月21日時点)
    メールソフト 利用パソコンOS
    との組合せ
    SHA-2対応
    メール本文確認 署名確認
    マイクロソフト Outlook2007 Windows Vista以上
    Outlook2010 Windows Vista以上
    Outlook2013 Windows 7以上
    Windows Mail Windows Vista以上
    Windows Live Mail
    Version 2008
      ×(※1)
    Windows Live Mail
    Version2011以上
     
    Outlook for Mac 2011 Mac OS 10.6以上
    ジャストシステム Shuriken2014 Windows 7以上
    Mozilla Mozilla Thunderbird  
    リムアーツ Becky! Internet Mail Windows Vista以上 ○(※2、3)
    サイトー企画 秀丸メール Windows Vista以上 ×(※2)
    Apple Mac Mail Mac OS 10.6以上

    ※1:本文閲覧時にセキュリティ警告が表示されます。
    ※2:署名データは「smime.p7s」という名称の添付ファイルとして表示されます。
    ※3:plug-inの種類やバージョンによっては署名が確認できない場合があります。

    ◎署名の確認方法等は各メールソフト提供会社にご確認をお願いします。


■ 振込操作画面の改善について
平成28年11月

ビジネスWebサービスにおいて、平成28年11月7日(月)より、以下の通り画面改善を行いますのでお知らせします。

■振込操作画面の改善について■
ビジネスWebサービス(照会・振込サービス)の振込操作において、「事前登録方式」の振込先指定方法を変更します。
*事前登録方式… 申込書にて「ご入金指定口座」(振込先)として届け出ていただいた口座に対して振込・振替を行う方式(数字3桁の受取人番号を使用)
  変更前 変更後
振込先の指定方法 【受取人番号入力方式】
受取人番号を画面で入力して振込先を指定する
【一覧表示方式】
画面上に一覧表示されている振込先から選択する

*登録した振込先が一覧として画面表示されるため、振込操作時における申込書控え等による振込先(受取人番号)の確認が不要となります。また、受取人番号や口座番号、受取人名等からの検索が可能です。

操作時
のその他
機能
振込先の
複数選択
不可能 可能 (一度に10件まで)
先方負担
手数料の指定
“都度金額指定”のみ可能 “都度金額指定”及び“事前登録金額”の両方可能

【ご注意事項】

  • 本件実施に伴いまして、振込振替のメニューや項目の表示が変更となります。
    変更点についてはこちら をご覧ください。変更後の体験版はこちらをご覧ください。
    (モバイルバンキングは一覧表示方式の対象外ですので変更ございません)
  • 11月7日の『一覧表示方式』開始時点で表示される「事前登録方式」の振込先口座情報は以下の通りとなります。
    口座情報 表示内容
    受取人名情報

    (当行口座の場合)
    10月14日時点の当行に登録されている口座名義を表示します
    ※口座が解約済みの場合は、申込書に記載いただいた口座名義をそのまま表示します

    (他行口座の場合)
    申込書に記載いただいた口座名義をそのまま表示します

    金融機関名
    支店名
    科目
    口座番号
    申込書に記載いただいた口座情報をそのまま表示します
    • ※1:振込先口座の口座名義が変更になり、表示されている受取人名と実際の口座名義が異なった場合は、以下の取扱いとなります。
      (当行口座の場合)・・・・・・・ 振込の実行画面で受取人名を確認し、口座名義と異なる場合は画面上に確認メッセージを表示しますので、表示されている受取人名に間違いがないことを確認のうえ実行操作を行ってください。
      (他行口座の場合)・・・・・・・ 申込書に記載いただいた口座情報で振込実行され、口座名義と異なる場合は組戻し手続きが必要となりますので、ご注意ください。
    • ※2:振込先口座が解約された場合は、申込書に記載いただいた口座情報をそのまま表示することから、以下の取扱いとなりますので、ご注意ください。但し、振込先口座の金融機関・支店廃止の場合は※3の取扱いになります。
      (当行口座の場合)・・・・・・・ 振込操作時にエラーとなります。
      (他行口座の場合)・・・・・・・ 振込実行され、組戻し手続きが必要となります。
    • ※3:振込先口座の金融機関や支店が廃止された場合は以下の取扱いとなります。
      『一覧表示方式』開始時点で廃止済・・・・・・・ 該当口座は一覧に表示されません。
      『一覧表示方式』開始以降に廃止・・・・・・・・・ 廃止前の口座情報でも振込可能な期間中は口座情報は黄色で表示され、振込不能となった時点以降は赤色で表示されます。
      但し、申込書により事前登録口座の追加・変更・削除いずれかの手続き行った際に、お客さまの全事前登録口座の金融機関・支店の実在チェックを行いますので、廃止済みの口座情報は表示されなくなります。

■ メニューボタンが二重に表示される事象について
平成28年9月

くわしくはこちらをご覧ください。


■ 〈ひろぎん〉ビジネスWebサービス「電子交付サービス」の取扱開始について
平成28年9月

くわしくはこちらをご覧ください。


■ Windows10 Anniversary Updateによる〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスへの影響について
平成28年8月

Windows10 Anniversary Updateについてくわしくはこちらをご覧ください。


■ 〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスの機能拡充について
平成28年7月

ビジネスWebサービスにおいて、平成28年7月18日(月)より、以下の機能拡充を行いますのでお知らせします。

■「利用者停止」機能の対象ユーザ拡大■
ビジネスWebサービスの「利用者停止」機能を以下の通り変更します。
本機能の操作はマスターユーザまたは管理者ユーザが可能です。
何らかの事情によりサービス緊急停止が必要になった場合、お客さまご自身で全ユーザの停止操作が可能となります。
  変更前 変更後
利用者停止 操作者自身を除くユーザから選択し、対象者の利用停止が可能 操作者自身を含む全ユーザから選択し、対象者の利用停止が可能(全利用者の停止が可能となります)
利用者
停止解除
利用可能なユーザがいる場合
(マスターまたは管理者)
利用可能なマスターユーザまたは管理者ユーザが停止解除可能 同左(現状通り変更ございません)
マスター・管理者の全ユーザが利用停止となっている場合 マスター・管理者の全ユーザが利用停止となっている場合は〈ひろぎん〉ビジネスWebサービス 全利用者停止解除依頼書による解除手続きが必要となります。
◎画面イメージについてはこちら をご覧ください。
■取引明細オプションの機能改善■
取引明細オプションにおいて、以下の機能改善を行います。([1]・[2]については照会・振込サービスの機能に合わせた変更となります)

[1] 画面上に文字サイズ変更ボタンを追加
[2] 自動ログアウト時間を10分から30分に変更
[3] 通知明細日付範囲指定照会におけるPDF出力可能な明細数の上限を1,000件から4,000件に拡大


■ 振込画面の変更について
平成28年7月

ビジネスWebサービスにおいて、以下の通り振込画面を変更しますのでお知らせします。

■振込画面の変更について 【変更日:平成28年7月4日】■
【1】 振込先の確認チェックボックスの表示
都度指定方式の振込時、事前にお客さまが画面上登録している振込先の受取人名と振込時に口座確認機能にて確認した受取人名が異なった場合は、確認チェックボックスを表示いたします。
画面上に表示されている受取人名をご確認いただき、チェックボックスにチェックの上、お振込を実行ください。
本機能により、誤った振込先への振込を防止します。

※以下の振込先は本機能の対象外のため、お客さまが事前に画面上に登録されている受取人名での振込となりますので、内容確認画面で受取人名を十分ご確認の上お振込ください。

  • 他行宛で口座確認機能の対象外となる以下の時間帯のもの
    (平日/7〜8時、21〜23時  土日祝/7〜8時)
  • 他行宛で口座確認のできない金融機関のもの
  • 事前登録方式の振込先のもの

※事前に画面上登録されている振込先が当行口座で、受取人名を空欄で登録されている場合は、本機能でチェックボックスが表示されます。振込実行後、表示されている受取人名で振込先の登録を上書きすることが可能です。

【2】 ワンタイムパスワード入力欄
都度指定振込の振込実行画面で入力いただく「ワンタイムパスワード」および「確認暗証番号」の入力欄を以下の通り変更します。

[変更前] 上の入力欄:ワンタイムパスワード  下の入力欄:確認暗証番号
[変更後] 上の入力欄:確認暗証番号  下の入力欄:ワンタイムパスワード

◎画面イメージについてはこちら をご覧ください。

■ 〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスのパスワード失念時のお手続きおよび利用推奨環境の変更について
平成28年6月

ビジネスWebサービスにおいて、以下の取扱変更を行いますのでお知らせします。

■パスワード失念時のお手続きの変更について【変更日:平成28年6月27日】■
マスターユーザのログインパスワード、確認用パスワードを失念された場合の申込書によるお手続きについて、以下の通り変更いたします。
なお、管理者ユーザがいる場合は利用者管理メニューで変更可能ですので、申込書によるお手続きは必要ございません。
  変更前 変更後
ログインパスワード失念 確認用パスワード失念
お申込み ログインパスワード・確認用パスワードのどちらか一方または両方を失念した場合、必ず両方のパスワードの変更申込みが必要です。 ログインパスワード・確認用パスワード両方の変更申込みとなります。
(今まで通り)
確認用パスワードのみの変更申込みとなります。
パスワード変更操作 お申込みから1〜2週間後に「ご利用開始のおしらせ」DMが届きましたら、パスワードの変更操作を行っていただきます。 同左 お申込みから約1週間後にパスワード変更画面が表示されますので、パスワードの変更操作を行っていただきます。

*確認用パスワードのみを失念された場合のお手続きについて改善いたしました。
なお、パスワードはお客さまがご本人であることを確認するための重要な情報となります。
大切に管理いただき、お忘れにならないようにご注意ください。

■モバイルバンキングの利用推奨環境変更について【変更日:平成28年6月27日】■
モバイルバンキングの利用推奨環境を変更いたします。利用推奨環境についてはこちらをご覧ください。
※スマートフォンではご利用いただけません。

■ 〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスの機能拡充について
平成28年4月

ビジネスWebサービスにおいて、平成28年5月6日(金)より、以下の機能拡充を行いますのでお知らせします。

■「取引明細オプション」の機能拡充について■
【1】 照会可能期間の拡大
入出金または振込入金明細の照会可能期間を以下の通り拡大します。
  変更前 変更後
照会可能期間 92日間 300日間

※取引明細オプションへの口座登録日以前の明細または平成28年2月4日以前の明細は照会いただけませんのでご了承ください。

【2】 個別ドメインの統一
取引明細オプションの個別ドメインを照会・振込サービスに統一します。

※個別ドメインとは操作画面のURLに当行独自のドメインを使用し、正当なサイトである証明書を画面に表示することで、偽サイトとの見分けを容易にするセキュリティ機能です。

  変更前 変更後
接続先URL 取引明細オプション https://www.ml0169.bizsol.hirogin.co.jp https://www.bizsol.hirogin.co.jp
照会・振込サービス https://www.bizsol.hirogin.co.jp
*表示イメージはこちら をご覧ください。
【3】 操作画面のデザイン統一
取引明細オプションの操作画面デザインを照会・振込サービスに統一します。

体験版をご用意しておりますのでぜひお試しください。
(口座照会メニューの取引明細オプションより操作をお試しいただけます)

◎取引明細オプションのご利用については申込書でのお申込みが必要です。
また、取引明細オプションの基本手数料および利用料が必要です。

サービス内容についてはこちらをご覧ください

■ダイアログの表示変更について■
ビジネスWebサービスで操作している際に表示される「ダイアログ」の表示イメージを変更します。

※IEのバージョンによって異なっていた表示イメージを統一するものです。
表示イメージはこちら をご覧ください。


■ 〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスのご利用環境変更について
平成27年12月

ビジネスWebサービス(でんさいサービス・外為Webサービスを含みます)のご利用環境を変更します。
くわしくはこちらをご覧ください。


■ 機能拡充の実施について
平成27年12月

ビジネスWebサービスにおいて、以下の通り機能拡充を実施しますので、お知らせします。

対象メニュー 項 目 機能拡充内容 実施日
【データ伝送】
口座振替・ワイドネット代金回収・ヒットライン代金回収
口座振替結果照会の結果表示改善 口座振替結果照会の一覧画面に、件数(正常・不能・合計)に加え、金額の表示を追加します。 平成28年
1月4日
【資金移動】
振込振替
振込先の登録方法改善 振込実施後に振込先情報を「更新」または「新規登録」(登録済みの振込先とは別に登録)するかを選択可能となります。 平成28年
1月18日
承認機能をご利用の場合についても、ご利用ない場合と同様に、振込実施後の振込先登録が可能となります。
振込先一覧の並び替え機能改善 登録の振込先一覧(利用者登録口座一覧)から振込先を選択する際に、振込先情報の更新日による並び替えが可能となります。

*画面イメージはこちら をご覧ください。


■ ご利用時間の変更について
平成27年12月

 ビジネスWebサービスにおいて、振込・振替における「振込先口座確認機能」のご利用時間を以下の通り変更しますので、お知らせします。
 他行宛の土日祝のご利用時間を拡大します。

  変更前 変更後
平 日 土日祝 平 日 土日祝
振込先口座確認機能 当行宛 7:00〜23:00 7:00〜21:00 7:00〜23:00 7:00〜21:00
他行宛 8:00〜21:00 9:00〜17:00 8:00〜21:00 8:00〜21:00
「振込先口座確認」とは、当行宛および都度指定方式振込振替の場合に、受取人の口座名義を確認のうえ画面上に表示する機能です。サービス時間外や口座確認のできない口座の場合には、事前に登録された受取人名により振り込みますので、内容確認画面で間違いがないことをご確認のうえ、お振込みください。

【実施日】
 平成28年1月4日(月)


■ EBサービスにおける機能拡充のご案内
平成27年11月

振込振替の“振込先名”について、通帳・入出金明細照会画面等の出金明細への表示有無をお申込により選択いただけるようになります。

くわしくはこちらをご覧ください。


■ 〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスの機能拡充について
平成27年8月

ビジネスWebサービスにおいて、平成27年8月3日(月)より、以下の機能拡充を行いますのでお知らせします。

○対象サービス
「〈ひろぎん〉ビジネスWebサービス」のオプションサービス 「取引明細オプション」

※取引明細オプションのご利用については申込書でのお申込みが必要です。
また、取引明細オプションの基本手数料および利用料が必要です。
サービス内容についてはこちらをご覧ください

○機能拡充の内容
お届けの口座に入出金があった場合に電子メールでお知らせする対象(明細の種類)を以下の通り、申込書でのお申込みにより選択できるようになりました。
変更前 変更後
「入出金明細」 「入出金明細」・「振込入金明細」から選択
○ご利用規定の改定
本件に伴い、「〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスご利用規定」が一部改定になります。
(該当箇所) 取引明細オプション (1)サービス内容の条項
(改定内容)
改定前 改定後
取引明細オプションとは、あらかじめ当行所定の申込書により契約者の指定する「ご利用口座」に入出金があったことを、契約者の指定する通知用電子メールアドレス宛に電子メールにてお知らせするサービスをいいます。 取引明細オプションとは、あらかじめ当行所定の申込書により契約者の指定する「ご利用口座」に入出金または振込入金があったことを、契約者の指定する通知用電子メールアドレス宛に電子メールにてお知らせするサービスをいいます。
体験版をご用意しておりますのでぜひお試しください。
(口座照会メニューの取引明細オプションより操作をお試しいただけます)

■ 法人インターネットバンキングにおける補償制度の変更について
平成27年4月

法人のお客さま向けインターネットバンキングにおいて不正な払戻しに遭われた場合の補償制度を取扱いしておりますが、平成27年4月9日(木)より補償制度を下記の通り変更しますのでお知らせいたします。

1. 変更内容
(1) 補償限度額の変更
 「〈ひろぎん〉ビジネスWebサービス」・「〈ひろぎん〉法人向けパソコンサービス〔V-Light・V-Standard〕」において、預金等の不正な払戻しに遭われた場合に法人のお客さまに対し、補償する限度額を以下の通り変更します。
変更前 変更後
一事故あたり 500万円 一事故あたり 1,000万円
(2) 補償条件の変更
補償条件を変更します。変更後の補償条件はこちらをご覧ください。
2. 変更日
平成27年4月9日(木)

■ 〈ひろぎん〉ワイドネット代金回収サービスの機能拡充に関するお知らせ
平成27年3月

「〈ひろぎん〉ワイドネット代金回収サービス」において、平成27年3月16日(月)より、以下の通り機能拡充を行いますのでご案内申し上げます。
(ワイドネット代金回収サービスは「〈ひろぎん〉ビジネスWebサービス」を通じてご利用いただいている代金回収サービスです)

振替日の追加
振替の可能日が追加され、毎月6日、12日、20日26日、27日、月末日から選択いただけるようになります。(休日の場合は翌営業日)

【ご留意事項】

〈ひろぎん〉ワイドネット代金回収サービスによる預金口座振替に関して振替日を変更するときは、お客さまにおいて、引落しの預金者さまに対してお知らせいただくようお願いいたします。当行から引落しの預金者さまに対して、振替日の変更について通知等はいたしませんのでご了承ください。
また、お客さまから当行への変更の届け出は必要ございません。

データ受付時限の変更
請求データの受付時限を以下の通り変更します。
【変更前】 振替日の8営業日前16時 ⇒ 【変更後】 振替日の7営業日前16時

■ 〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスセキュリティ強化について
平成27年1月

平成27年1月19日より「ワンタイムパスワード認証」を導入し、都度指定方式の当日扱い振込振替の取扱いを再開いたします。
くわしくはこちらをご覧ください。


■ 〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスの機能改善について
平成27年1月

ビジネスWebサービスにおいて、以下の機能改善を行いますのでお知らせします。

【セキュリティ強化】 実施日:平成27年1月19日(月)

電子証明書有効期限切れの取扱い変更
電子証明書は有効期限までに更新操作が必要ですが、万一、更新操作を行わず、期限切れとなった場合は、該当の証明書の失効が必要となります。失効を行ったうえで、新たな証明書を取得ください。失効には、マスターユーザまたは管理者ユーザの画面上の失効操作もしくは書面での届出が必要のため、第三者による証明書の不正取得を防止できます。
※失効操作についてはこちらをご覧ください。
振込振替における「全取引取消権限」の追加(照会・振込サービス)
振込振替は、ユーザ自身が依頼者もしくは承認者である取引のみ取消可能でしたが、全取引の取消を可能とする「全取引取消権限」の設定(ユーザへの権限付与)が可能となります。
「全取引取消権限」を付与されたユーザは、自身が振込振替の依頼者もしくは承認者でなくても全ての振込振替取引の取消が可能となります。
これにより、不正取引を発見した際などに取消可能な取引の範囲が広がり、迅速な対応が可能となります。
取消とは振込指定日に振込が行われるまでの操作です。振込指定日に振込が行われた後は組戻しのお手続きとなりますのでご注意ください。
ユーザへの権限付与は、マスターユーザまたは管理者ユーザにより設定可能です。操作方法についてはこちらをご覧ください。

【利便性向上】 実施日:平成27年2月16日(月)

「都度指定方式当日扱い振込振替」の利用申込有無チェックの改善(照会・振込サービス)
「都度指定方式当日扱い振込振替」は利用のお申込がない場合も、当日を振込指定日に選択して振込内容の確認画面まで操作ができ、実行前にエラーとなっておりましたが、振込指定日を選択する際にご利用申込の有無をチェックするよう改善します。
これにより、「利用しない」ご契約のお客さまの場合は、当日の日付を振込指定日として選択不可能となります。

■ 【重要】SSL 3.0 の脆弱性に関するお知らせ
平成26年10月

 2014年10月14日(現地時間)に米Googleのセキュリティチームにより発表されております SSL 3.0 の深刻な脆弱性(POODLE)について以下の通りお知らせいたします。

〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスの利用推奨環境でご利用頂いており「インターネットオプション」のセキュリティを初期設定から変更されていない場合
⇒影響ありません。
お客様ご自身で「インターネットオプション」のセキュリティを「SSL 3.0」に変更されている場合
⇒「TLS 1.0 を使用する」にチェックがある状態でご利用ください。
〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスの利用推奨環境外でご利用の場合
⇒利用推奨環境でのご利用をお願いいたします。
○ 〈ひろぎん〉ビジネスWebサービスの利用推奨環境はこちら
○ 「インターネットオプション」のセキュリティ設定確認方法及び確認手順(IE8以降の場合)
[1]
Internet Explorerを起動します。
[2]
ブラウザのメニューバーから「ツール」→「インターネットオプション」を選択します。
[3]
「インターネットオプション」画面の「詳細設定」タブをクリックし、「セキュリティ」の中の「TLS 1.0 を使用する」にチェックが入っていることを確認します。
[4]
チェックが入っていない場合は「TLS 1.0 を使用する」にチェックを入れてください。確認が終わりましたら「OK」をクリックします。

■ 〈ひろぎん〉でんさいサービスの機能拡充について
平成26年9月

でんさいサービスの機能拡充を行いますのでお知らせします。
機能拡充内容・画面イメージはこちら をご覧ください。

[実施日]
平成26年9月15日(月)

本件に伴い、「〈ひろぎん〉でんさいサービスご利用マニュアル」を改訂いたします。改訂版は9月16日より、こちらをご覧ください。


■ 都度指定方式『予約扱い』振込振替のご利用時間の短縮について
平成26年6月

くわしくはこちらをご覧ください。


■ 都度指定方式での当日扱い振込・振替の一時停止について
平成26年4月

くわしくはこちらをご覧ください。


■ 消費税率引上げに伴う手数料改定及び振込手数料登録変更について
平成26年2月

 平成26年4月1日から消費税率が5%から8%に引き上げされることに伴い、サービスに係る各種手数料を改定させていただきます。現在の消費税抜きの単価に税率8%を適用させていただきます。
 それに伴い、振込振替・総合振込で振込手数料を受取人負担とする場合の【先方負担手数料】を以下の通り登録されているお客さまにおかれましては、手数料登録の変更が必要となる場合がございますので登録内容のご確認をお願いいたします。

(1)先方負担手数料を【基準手数料を使用しない(個別に登録した手数料を使用する)】で登録
登録内容のご確認は、こちらをご覧ください。
なお、【基準手数料を使用する(常に最新の基準手数料を使用する)】となっている場合は、自動的に4月1日以降を振込指定日とする振込より先方負担手数料に改定後手数料が適用されます。
(2)登録している振込先の手数料情報を【先方負担(指定金額)】で登録
登録内容のご確認は、こちらをご覧ください。
【先方負担(登録済み金額)】となっている場合は上記(1)の設定の通りとなります。
※作成中振込データや過去の振込データを再利用して4月1日以降の振込指定日で作成する場合は、【内容確認画面】で先方負担手数料額を十分ご確認の上、お取引ください。
■FB振込手数料(消費税込み)

平成26年4月1日以降を振込指定日とする振込より改定後手数料が適用されます。
※3月31日以前に受け付けた振込予約についても、振込指定日が4月1日以降の場合は改定後手数料が適用されます。

【改定前(平成26年3月31日指定日分まで)】消費税率5%

  自店宛 本支店宛 他行宛
3万円未満 3万円以上 3万円未満 3万円以上 3万円未満 3万円以上
FB 無料 無料 105円 315円 420円 630円
窓口 315円 525円 315円 525円 630円 840円

【改定後(平成26年4月1日指定日分から)】消費税率8%

  自店宛 本支店宛 他行宛
3万円未満 3万円以上 3万円未満 3万円以上 3万円未満 3万円以上
FB 無料 無料 108円 324円 432円 648円
窓口 324円 540円 324円 540円 648円 864円

消費税抜きの単価は変更ございません。

[振込手数料の計算方法]振込手数料×件数×消費税108%で計算し、合計金額の小数点未満は切り捨てます。


■ 〈ひろぎん〉でんさいサービスの機能拡充について
平成26年2月

でんさいサービスの機能拡充を行いますのでお知らせします。
機能拡充内容・画面イメージはこちらをご覧ください。

[実施日]
電子署名付メール:平成26年2月17日(月)
その他機能拡充:平成26年2月24日(月)[予定]
 ※その他機能拡充の実施日について、変更となる場合は別途お知らせします。

[臨時休止について]
機能拡充に伴い、以下の期間、臨時休止しますので、ご了承ください。
平成26年2月22日(土)0:00 〜 2月24日(月)7:00


■ 「〈ひろぎん〉ビジネスWebサービス」全面リニューアルのお知らせ
平成25年8月

 平成25年8月19日(月)より、サービスを全面リニューアルいたします。リニューアル内容、リニューアルにあたっての留意事項等の詳細につきましてはこちらをご覧ください。


■ ゆうちょ銀行宛のお振込について
平成21年1月

平成21年1月5日(月)に、ゆうちょ銀行が全国銀行データ通信システム(全銀システム)に接続することにより、「ビジネスWebサービス」を利用し、ゆうちょ銀行宛のお振込が可能となります。
※ゆうちょ銀行宛のお振込方法については、こちらをご覧ください。

〔ご注意事項〕
下記のお手続きについては、平成21年1月5日(月)以降のお受付となりますので、ご了承ください。
  • ゆうちょ銀行口座を振込の事前登録口座(ご入金指定口座)とするお申込
  • ゆうちょ銀行宛の都度振込(即時・予約)
    ※振込指定日を平成21年1月5日(月)以降とした予約についても、1月4日以前はお受付できません。
  • ゆうちょ銀行宛の振込先を含む総合振込・給与振込
    ※振込データの伝送は、平成21年1月5日(月)より可能となります。万一、1月4日以前に伝送された場合、組戻し等のお手続きが必要となる場合がございますので、ご注意ください。
 ゆうちょ銀行宛のお振込の際には、「振込用の店名・預金種目(取引種類)・口座番号」を振込先として指定する必要がございます。詳しくは、ゆうちょ銀行のホームページにてご確認ください。

※「〈ひろぎん〉ワイドネット代金回収サービス」におけるゆうちょ銀行宛の請求データ作成方法については、この度のお振込とは異なり、従来から変更ございませんので、今まで通りのデータ作成をお願いします。



株式会社 広島銀行

閉じる