CSRのコンセプト

当行グループの社会的責任(CSR)の考え方

 <ひろぎんグループ>は、地域のリーディングバンクとして多くのお客さまのご支持をいただき、その歴史を積み重ねてきました。これまでも、そしてこれからも、地域になくてはならない銀行グループであるために、本業を通じて地域経済の持続的成長に貢献することはもちろんのこと、社会貢献や環境保全といった、CSRに関するあらゆる面で積極的に行動し、全てのステークホルダーからの信頼を勝ち取り、存在価値を更に高めていくことを目指します。

※CSRとは「corporate social responsibility」(企業の社会的責任)

CSR経営の推進
【地域の経済・産業を支える】
(経済的側面)
1. 企業活動
(1)コンプライアンス
(2)ガバナンス(企業統治)
(3)IR活動
(4)配当/納税
2. 銀行業務
(1)高付加価値の金融商品・サービス・ソリューションの提供
(2)円滑な資金供給
【地域の文化・ひとを育てる】
(社会的側面)
1. 社会貢献
(1)地域文化の振興
(2)地域スポーツの支援
(3)金融教育支援
(4)社会福祉活動の実施
(5)地域活動への参加
2. ダイバーシティ
(1)ワーク・ライフ・バランスの推進
(2)多様な人材の活躍支援
【地域の環境を守る】
(環境的側面)
1. 環境負荷低減
(1)環境保全活動の実施
(2)環境配慮型商品の提供
(3)森林保全活動の実施
(4)環境啓蒙の実施
(5)ペーパーレス化の推進
地域社会・お客さまの成長への貢献、企業価値の向上
全てのステークホルダー(地域社会、お客さま、株主、市場、従事者)からの信頼
地域全体の好循環を創造
ひろぎんグループの持続可能性(サステナビリティー)の向上