デビットカードサービス

デビットカードサービスとは

J-Debitマーク

デビットカードサービスとは、お買物やご飲食、サービスの提供を受けた際、現金の代わりに、金融機関のキャッシュカードで代金の支払いができる利便性の高いサービスです。

『J-Debit』とは、社団法人日本デビットカード推進協議会が、日本で行う国内統一のデビットカード事業の名称です。
日本デビットカード推進協議会とは・・・
平成10年6月、日本におけるデビットカードサービスの普及促進を目的として設立された団体です。
同協議会は、デビットカードの調査研究やシステム開発、啓蒙活動を行っております。

  • 導入メリット
  • 決済スキーム
  • 導入方式

導入方式

デビットカードサービスを導入するには、直接加盟店方式と間接加盟店方式があります。

  • 1.直接加盟店方式
    比較的大規模な加盟店さまに適する導入方式です。
    • 当行と加盟店さまとの間で直接加盟店契約を締結致します。
    • 日本デビットカード推進協議会への入会または登録が必要です。
      (入会金または初期登録料、年会費または年間登録料が必要となります)
    • 売上代金の入金は、売上日の3営業日後に当行が直接行います。

    直接加盟店方式には、次の2つのシステム接続方式があります。
    • (1)ホスト接続方式
      加盟店さまのホストコンピュータとCAFISを直接接続します。
      自社内で売上のデータ処理を行います。
    • ※CAFISとは・・・
      Credit And Finance Information Systemの略で、NTTデータが提供する共同ネットワークのことです。主にカード利用にともなう加盟店端末からの信用照会、売上管理業務に利用されています。
    • (2) 情報処理センター接続方式
      加盟店さまは情報処理センターを経由してCAFISを接続します。
      売上データの処理は情報処理センターが行います。
    • ※情報処理センターの行うサービスは下記の2通りがあります。
      • (1)「直接加盟店方式」で、加盟店さまの端末とCAFISとの接続を中継し、売上データ(デビットカード電文)の処理を行うサービス。
      • (2)「間接加盟店方式」で、売上データの処理に加えて、売上代金の入金や売上明細の作成を行うサービス。
  • 2.間接加盟店方式
    サービス開始までの手続きが簡単な導入方式です。
    • 当行とは加盟店契約を締結せず、情報処理センターと加盟店契約を締結致します。
    • 日本デビットカード推進協議会への入会または登録は不要です。
    • 売上代金の入金は情報処理センターが行い、入金日は情報処理センターの定める日となります。(通常月2~3回程度)
お問い合わせ

お近くの〈ひろぎん〉の窓口へお問い合わせください

店舗検索