確定拠出年金(401k)

確定拠出年金(401k)とはご留意点はこちら

確定拠出年金は、加入者個人が掛金を運用し、その運用結果を60歳以降に年金や一時金として受取る、まったく新しいタイプの年金です。加入者個人が掛金を払う「個人型年金」と企業が掛金を支払う「企業型年金」があります。

※平成24年1月より、規約に定めることにより従業員自身も掛金を拠出することが可能です。

すでにご加入済みのかたはこちらから
ログイン

企業型確定拠出年金の特長

1

【税金面で有利】事業主掛金は全額損金算入、従業員掛金は全額所得控除となります。また、積立金の運用時や受取時にも税金が優遇されます。

2

【個人ごとの資産内容が明確】個人ごとに資産を管理するため、資産内容の把握が容易です。

3

【積立不足が発生しない】積立不足も発生せず、企業による追加拠出は不要です。したがって、掛金が安定化されコスト予想が容易となります。

4

【離転職の際に持ち運びができる】離転職した場合、転職先の企業型確定拠出年金、または個人型確定拠出年金に積立金を移換して運用を継続します。

企業型確定拠出年金のご案内

  • 〈ひろぎん〉401kパック
    制度導入の煩雑さや価格をおさえた商品です。導入のご検討段階から、制度スタートまで〈ひろぎん〉がサポートします。

「企業型年金」導入までの手順

  • お客さまのご要望にあわせてオーダーメイド型の制度設計も可能です。

お問い合わせはこちら

確定拠出年金に関するご案内

お問い合わせ お問い合わせはこちらまで

■確定拠出年金コールセンター

  • フリーダイヤル0120-169-401
受付時間/平日・土日9:00~17:00 (祝休日(土日が祝休日の場合は営業)および大晦日・正月3が日は除く)

ご留意点

【免責事項】
  • ご提案する運用プランは資産運用を考えるうえでの参考として提示するものです。また、『私の確定拠出年金プラン』では投資信託商品の特徴ならびにリスクをより理解していただくために、参考指標(インデックス)等を用いて運用プランの運用実績ならびにシミュレーションによる予測値を例示していますが、これら実績値ならびに予測値は運用プランにおける将来の運用成果をお約束するものではありません。