ニュースリリース

平成18年2月1日

キャッシュカード規定改定前の偽造・盗難被害に対する補償について

 本年2月10日(金)に施行されます「偽造カード等及び盗難カード等を用いて行われる不正な機械式預貯金払戻し等からの預貯金者の保護等に関する法律」(以下「預金者保護法」という。)の趣旨に則り、キャッシュカード規定等を改定し、平成17年12月1日(木)から、個人のお客さまの盗難キャッシュカード等の被害補償に取り組んでおります。
今般、キャッシュカード規定等改定前に発生しております盗難被害への補償遡及期間を明確にしましたのでお知らせいたします。
なお、偽造キャッシュカード等の被害に対しては、お客さまに重大な過失がない限り、過去の被害についても遡って補償しております。

 
 
当行のキャッシュカード規定改定前に発生した被害への対応について
1. 個人のお客さまの盗難被害に対する補償
 キャッシュカード規定等を改定しました平成17年12月1日より前に発生した被害に対しては、当行へのすみやかな通知、警察への被害届の提出等、お客さまが被害に遭われた状況を確認させていただいたうえで、同日より2年を遡った、平成15年12月1日以降に発生した被害につき、補償対象とさせていただきます。
 
2. 個人のお客さまの偽造被害に対する補償
 キャッシュカード規定等を改定しました平成17年12月1日より過去2年間に発生した被害を含め、個別に補償等対応させていただきます。

※上記1.2の事項につきましては、お申し出いただいてから補償させていただくまでに、過去の被害状況の確認・調査等により時間を要する場合もございますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

当行では、「偽造・盗難キャッシュカード問題」を重要な課題としてとらえ、被害の発生・拡大を防止するとともに、お客さまに安心してお取引いただけるよう、積極的にATM・キャッシュカードのセキュリティ強化に取り組んでまいります。
 
 
以 上

この件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 事務統括部
TEL(082)247-5151(代表)