ニュースリリース

平成18年2月23日

S&P及びRDBの共同事業「日本SME格付け」の取扱開始について

 このたび、中堅・中小企業向け格付けサービス「日本SME格付け」の取扱を開始いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

 
 
1. 取扱開始の目的
 本格付けを取得する企業にとっては、(1)資金調達の多様化を図ることができる、(2)個別企業診断リポートによる自社の分析ができる、(3)自社の信用度の対外的アピールが可能となり取引先拡大や人材確保が期待できる、などのメリットが期待されます。当行は、総合金融サービス提供の一環として、地元中堅・中小企業のビジネスチャンス拡大に向け取扱を開始するものです。
2. 受託業務の内容(以下の業務を当行本支店にて行います)
(1) 「SME格付け(注)」の紹介(渉外活動や営業店窓口でのパンフレット提示による本内容紹介)
(2) 「確認書」発行に係る業務
(注) 格付機関「スタンダード&プアーズ社(以下S&P)」と「日本リスク・データ・バンク(株)(以下RDB)」の共同開発による「中堅・中小企業向け格付けサービス」の略称です。
企業がSME格付けを取得するには、RDBに対し企業自ら取得申請するとともに、銀行に対し「確認書」の発行を依頼することが必要となります(当該企業はRDBへの申込み後、格付け認可前に取得費用として472,500円~525,000円をRDBに支払います)。
3. SME格付けの内容
「SME格付け」の概要(SME=Small&Medium Sized Enterprise)   
S&PとRDBで共同開発した、非上場の中堅・中小企業に対して付与する、S&Pブランドの外部格付け。
項 目 内  容
(1)対 象 先 売上高10億円以上100億円以下の国内中堅・中小企業(非上場)
(2)格付符号 「aaa」、「aa」、「a」、「bbb」、「bb」、「b」、「ccc」  (7段階)
(3)取得費用 RDB会員銀行受付の場合 472,500円(消費税込み) (当行は会員銀行(※)。会員以外の場合525,000円(消費税込み))
(4)取得方法 企業が決算書類5期分等の必要書類を添付し、直接申し込む。
ただし金融機関の「確認書」が必要となるため、申込と同時に取扱金融機関に「確認書」の発行依頼を行うこととなる。
(5)格付の開示 取得した格付はS&Pホームページ上に原則公開(非公開とすることも可能)
※RDBは金融機関他21行(社)の出資により2000年4月に発足したデータベース会社。
4. 取扱開始日
平成18年2月16日(木)
以 上

この件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 営業統括部
TEL(082)247-5151(代表)