ニュースリリース

平成18年3月6日

本店の機構改正について

 4月1日付をもって、本店の機構改正を下記のとおり実施することとしましたので、お知らせいたします。


 
 
1.顧客セグメント別営業体制の更なる強化
--

法人・個人のお客さまのますます多様化・高度化するニーズへの的確な対応と専門的なコンサルティング業務など総合金融サービスの提供を進めていくため、法人営業部および金融商品営業部の機構改正を以下のとおり実施いたします。

 
法人営業部(現行:金融サービス室、プライベートバンキング推進室)を、金融サービス室および金融サービス管理課に再編し、金融サービス室内に、現行の(1)投資銀行業務担当、(2)医療法人担当および(3)IT推進担当に加えて、(4)経営者支援業務担当と(5)自動車関連担当(融資第一部自動車関連対策室の取引推進機能を移管)を新設し、法人のお客さまに対する経営コンサルティング機能の強化を進めてまいります。 なお、金融サービス管理課に、投資銀行業務等のバックオフィス業務を移管・集約し、管理業務の効率化・堅確化を図ります。
金融商品営業部(現行:金融商品開発室、金融商品売買管理課、金融商品カスタマーセンター)については、金融商品開発室を金融商品推進室に改組し、法人営業部プライベートバンキング推進室から個人富裕層向けのコンサルティング業務を移管し、個人のお客さまの資産運用ニーズへの対応強化、取扱金融商品の拡充、相続・税務相談等コンサルティング機能の強化などを進めてまいります。
 
2.「目利き機能(貸出金審査機能)」および企業財務改善支援機能の更なる強化
--

融資第一部審査部を統合し、業種別審査体制の拡充を進めてまいります。

 
3.監査役会事務局機能およびコンプライアンス統括機能の更なる強化
--

法務コンプライアンス室より監査役会事務局機能を分離・独立させ、監査役会事務局を監査役会直属の組織として新設するとともに、法務コンプライアンス室をコンプライアンスの統括業務に特化した部としてコンプライアンス統括部に改組し、コンプライアンス態勢の更なる強化を進めてまいります。

 
ご参考:機構改正後の組織図
--

機構改正後の組織図については、こちら をご参照ください。

以 上

この件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 総合企画部
TEL(082)247-5151(代表)