ニュースリリース

平成18年3月10日

当行の偽造・盗難キャッシュカード被害防止に向けた対策
時期 具体的内容
平成15年1月 ATMでの暗証番号変更機能の導入
⇒ご利用件数:約14万件(平成18年2月末現在)
平成17年2月 個人のお客さまがATMで現金を引出しされる際の「1日1口座あたりご利用限度額」を一律200万円に設定
平成17年3月 ATM画面の「覗き見防止フィルター」をATM全台に設置
「生年月日」などの他人に類推されやすい暗証番号が指定できないシステムの導入
平成17年4月 手のひら静脈認証による本人確認機能を付与した多機能カード「〈ひろぎん〉バリューワン」の取扱開始
⇒お申込み件数:約10万口座(平成18年2月末現在)
平成17年7月 お客さまがATMでの「1日1口座あたりご利用限度額」を自由に設定できる機能を導入
ATMでの「1日1口座あたりご利用限度額」の対象に法人のお客さまを加え、対象取引にお振込・お振替を追加
平成17年12月 異常な取引を早期に検知するシステム機能の導入
平成18年1月 キャッシュカード・通帳等喪失時の24時間・365日有人による電話受付け開始
平成18年3月
【本件】
ATMでの異常な取引を検知し、即時にATMでの引出しを停止する機能を導入
お客さまがATMでのお引出しを当行ATMに限定できる機能を導入
平成18年4月
【本件】
生年月日等の類推されやすい暗証番号を使用されているお客さまに対して、当行ATMご利用の際に暗証番号変更を促すメッセージを出力
平成18年8月
(予定)
「手のひら認証付ICキャッシュカード」の導入

以 上

[戻る]