ニュースリリース

平成18年6月14日

(1) 「知的財産権担保融資」とは
一般に物的担保(土地、建物などの不動産)や信用力が不足しているベンチャー企業では、通常、金融機関からの借入は非常に困難です。このような企業に対し、市場性のある特許権や著作権等の知的財産権を担保として融資を行うことを「知的財産権担保融資」と呼んでいます。
担保とする知的財産権に基づく事業のキャッシュフローの現在価値により担保価値を評価します。
 
(2) 広島銀行と日本政策投資銀行との協力・連携
知的財産権担保融資を希望する企業について、両行が相互に情報連絡のうえ、協調融資や私募債の保証についての協力・連携などにより、必要な資金ニーズにお応えします。
 
(3) ご利用企業のメリット
PR効果 ○特許権などを担保に用いることで、技術を対外的にアピールできます。
調達手段の
拡充
特許権などを活用して資金調達することで、資金調達手段の多様化が図れます。
また、両行が協力・連携し、シンジケートローン・私募債など各種資金調達手段についてもご提案いたします。

以 上

[戻る]