ニュースリリース

平成18年7月4日

広島銀行と日本政策投資銀行との協調による
知的財産権担保融資(第1号案件)の実行について

 株式会社広島銀行と日本政策投資銀行では、平成18年6月14日に知的財産権担保融資に係る「覚書」を締結し、創業・新事業展開や資金調達手法の多様化などのお客さまのニーズに積極的にお応えするよう取組んでおりますが、このたび、ミサワ環境技術株式会社が行う研究開発投資に関して、「覚書」締結後、第1号となる協調融資を実行しましたのでお知らせいたします。
広島銀行及び日本政策投資銀行は、引き続き地域に潜在する高い成長性が見込まれる企業の行う研究開発等に対する多様な資金調達支援を行い、地域活力の創造、新産業の創出・活性化に貢献できるよう、更に連携を強化して参りたいと考えております。

 
 
1. 第1号融資の内容
企業名 ミサワ環境技術 株式会社
所在地 広島県三次市向江田町4252-2
代表者 洲澤 昭已
業種 総合土木建築、建設コンサルタント業、地中熱利用事業
事業の特色
治山治水に関する調査、設計、コンサルタントの経験を活かし、日本初の地中熱(地下100m前後に存在する約15度で安定した熱源)を利用した道路融雪システムを実用化。
杭熱交換器による密閉循環システムを採用することで、環境負荷の軽減が期待できる。
地下水汲み上げによる地盤沈下を発生させない
ランニングコストは、従来(石油ボイラー・電熱)方式と比して最大1/20の削減が可能
地中熱を利用した当社の技術は、建物の給湯や冷暖房システムのほか、大手食品メーカー工場で製品の冷却システムに利用されるなど幅広い実績がある
知的財産権
担保の内容
特許権の名称:「クリーンエネルギー利用消・融雪方法」
地中に設置した杭熱交換器内にて温めた不凍液を循環させ、舗装版に埋設した融雪パイプにて放熱し路面の融雪を行う
地中のわずかな温度差を利用するこのシステムは、高い循環技術・熱利用技術を保有しており、平成17年9月に愛・地球賞を受賞するなど、類似の技術のなかでも「高度で精度が高い」と評価されている
今般融資の
お使いみち
上記システム(知的財産権)を活用し、より効率的な地中熱利用方法の研究開発資金
 
以 上

 

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 営業統括部
TEL(082)247-5151(代表)