ニュースリリース

平成19年3月15日

地銀7行主催による上海(中国)での『日本食品展示商談会』開催について

 千葉銀行、静岡銀行、八十二銀行、ふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行・熊本ファミリー銀行)、親和銀行の地方銀行7行と共同で、中国上海市において、食品関連業種に特化した商談会『日本食品展示商談会IN上海』(Japanese Food fest in Shanghai)を開催することとし、出展企業を募集しますのでお知らせいたします。
 中国において食品に係る販路開拓ニーズのある企業 約90社(地銀7行取引先)が出展。午前中は、主催行が招待する日本食品の輸入実績、仕入実績のある現地日系・中国商社、及び現地大手食品小売業者等の有力バイヤーとの商談を行い、午後は、展示会場を一般開放し、事前PRにより一般来場する食品関連バイヤーとの商談を自由に行います。
 また、当日、出展企業のビジネスをさまざまなサービスでサポートする、物流、IT関連、不動産等の企業が会場内にブース出展します。



【日本食品展示商談会の概要】
1. 名称
『日本食品展示商談会IN上海』(Japanese Food fest in Shanghai)
2. 開催日時
平成19年7月12日(木) 9:00~16:00
午前の部: 出展企業(地銀7行取引先)と有力バイヤーに限定した商談、情報交換。
午後の部: 一般来場企業との商談、情報交換。
3. 会場
『上海世貿商城 』(Shanghai Mart) 3階
中華人民共和国上海市延安西路2299号
4. ご出展対象企業
中国において食品に係る販路開拓ニーズを持っている当行お取引先(千葉銀行、静岡銀行、八十二銀行、ふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行・熊本ファミリー銀行)、親和銀行のお取引先も出展します)。
※中国現法の有無に関係なくお申込みいただけます。
5. 商談会の特徴
(1) 高い経済成長率を続ける中国、特に上海等の大都市は、巨大消費市場として急速に成長を遂げており、食品に対する需要も多様化、日本食品への関心も高まっています。このようなビジネスチャンスに対し、地域を越えた地方銀行が、食品関連業種に特化した商談会を開催し、各銀行のネットワークを活用、協力してお取引先企業の中国での販路開拓の支援を行います。
(2) 招待する日本食品の輸入実績、仕入実績のある現地日系・中国商社、大手食品小売業者等の有力バイヤーに対し、商談会当日、スムーズに商談ができるよう、事前に出展企業情報を提供し、より精度の高いマッチングをめざします。
(3) 銀行主催による、食品関連業種に特化した商談会の開催は中国では初めてとなります。
6. 主催
広島銀行、千葉銀行、静岡銀行、八十二銀行、ふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行・熊本ファミリー銀行)、親和銀行
7. 商談会運営
キャストコンサルティング(弁護士法人、会計事務所、コンサルティング会社、中国の法律事務所により構成されるキャストグループ企業)
※出展する食品の通関手続、商談会当日の運営等を担当します。
8. 定員
各行または1グループ 15先 (合計90先 程度)
※商品内容によっては申込をお断りする場合があります。
9. 募集期間
平成19年3月15日(木)~平成19年4月20日(金)
10. 出展費用
1社あたり3,000人民元(約51,000円)
11. お申込み方法
広島銀行本支店窓口に備え付けの参加申込書に予めご記入のうえ、お取引店の窓口または営業担当者までお申込み下さい。
 
以 上

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 法人営業部
TEL(082)247-5151(代表)