ニュースリリース

平成19年3月27日

仕事と家庭の両立支援制度の拡充について

 「明るく働きがいのある職場環境づくり」の一環として、女性職員によるワーキングチームでの検討に基づき、平成19年4月から、両立支援制度を拡充することとしましたので、その概要を下記のとおりお知らせいたします。 このようないくつかの両立支援策を一度に導入するのは、中四国地方の銀行では初の取り組みと考えております。
 両立支援に加え、女性に対するキャリア支援も強化することにより、女性の活躍支援に積極的に取り組み、女性の価値観・視点を積極的に経営に活かしてまいります。



1. 拡充の目的
  • 少子高齢化の進展が大きな社会問題となり、官民協力してその対策に取り組むことが求められているなかで、企業として率先して両立支援に取り組みます。
  • 女性職員が出産育児を理由に退職してしまうことは、本人にとっても銀行にとっても大きな損失であり、意欲能力のある女性職員がキャリアを中断することなく活躍していける環境を整備します。
  • 多様化する顧客ニーズへの対応と人材の確保のため、女性が能力を最大限発揮し活躍できる職場づくりに積極的に取り組みます。
2. 新たに導入する制度
(1) 短時間勤務制度
子が小学校4年生になるまでの間、勤務時間を短縮できる制度です。
[勤務日数]    毎日勤務 または 17日勤務 を選択 
[勤務時間]    5時間勤務 または 6時間勤務 を選択 
短時間勤務制度利用中は、育児休業期間と同様、人員補充を行い、業務運営に支障をきたさないようにするとともに、容易に取得しやすい体制を整えます。
(2) 育児サービス利用補助
子が小学校に入学するまでの間、保育園やベビーシッター等を利用しながらフルタイムで勤務する場合、育児サービス利用料の一部を補助します。
月額 6千円
(3) 半日休暇
有給休暇の半日単位での取得を可能とします。
年間 6回まで
(4) 配偶者出産休暇
配偶者の出産前後1週間に1日休暇を取得できることとします。
 
3. 育児関連制度のイメージ
詳しくはこちらPDF
以 上

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 人事総務部
TEL(082)247-5151(代表)