ニュースリリース

平成19年12月20日

『南アフリカランド建て外貨定期預金』の取扱開始について

 多様化するお客さまの資産運用ニーズに積極的にお応えするため、他国と比較して相対的に高い政策金利を維持している南アフリカ共和国の通貨「ランド(Rand)」建て外貨定期預金の取扱いを開始することとし、第1回目の募集をいたしますので下記のとおりお知らせします。
 なお、南アフリカランド建て外貨定期預金の取扱いは、全国の地方銀行で初となります。



1. 商品名
〈ひろぎん〉南アフリカランド建て自動継続外貨定期預金(募集形式)[商品の概要
 
2. 募集条件
取扱通貨 南アフリカランド(ZAR)
適用金利 年率9.0%(税引後年7.2%)
募集期間 平成19年12月20日(木) ~ 平成20年1月16日(水)
預入日 平成20年1月18日(金)
預入期間 1ヶ月(元金成長型自動継続)
初回満期日 平成20年2月18日(月)
預入金額 5万南アフリカランド以上 (1セント単位)
預入レート 預入日当日の公表仲値+0.3円
(※12/19の為替相場(仲値:1南アフリカランド16.41円)では835,500円以上必要)
 
3. 商品の特徴
(1) 申込期間および預入日が限定された募集形式の南アフリカランド建て外貨定期預金です。
*予め募集期間、預入日を設定します。随時預入はできません。
(2) 満期日のみ解約可能とし、中途解約はできません。
*満期日が銀行休日の場合は翌営業日には解約可能です。
(3) 先進諸国の通貨と比べて相対的に大きなカントリーリスクがあります。
*南アフリカランドはエマージング通貨であり、市場の流動性が極端に低下している場合には、自動継続ができず同通貨建ての外貨普通預金に入金する可能性や、一時的に円貨への払戻取引に応じられない可能性があります。
 
以 上

 

【為替変動リスクについて】
  • 為替相場の変動により為替差損が生じ、受取時の円貨額が預入時の払込円貨額を下回る元本割れの可能性があります。
【手数料について】
  • 円を外貨に交換する際(預入時)及び外貨を円に交換する際(引出時)は1南アフリカランドあたり0.3円の手数料を含んだ為替相場を適用します。
  • 為替相場の変動がない場合でも往復の為替手数料が0.6円かかるため、受取時の円貨額が預入時の払込円貨額を下回ることがあります。
    ※10万米ドル相当額以上のお取引の場合は、当日の公表レートにかかわらず、取引時点の市場実勢勢為替相場をもとに手数料を含んだ適用相場を別途決定します。(預入時を除く)
【預金保険について】
  • 外貨預金は預金保険の対象ではありません。
【中途解約について】
  • 本商品の中途解約ならびに、定められた期日以降のお申込みの取消はできません。当行がやむを得ないものと認めて中途解約または定められた期日以降のお申込みの取消に応じる場合には、損害金を頂く場合があります。この場合、解約元利金から損害金を差し引いた金額が当初お預け入れの元本金額を下回る(元本割れ)可能性があります。
  • 中途解約時に外貨を円に交換する際は1.5円の手数料を含んだ為替相場であるTTBを適用します。
【カントリーリスクについて】
  • エマージング通貨である南アフリカランドのお取引は、当該国の政治・経済・社会情勢の不安定化や規制の変更等により、通貨価値の大幅な変動や流動性の低下、市場の機能停止の可能性など、先進国通貨に比べて相対的に大きなカントリーリスクが内在します。従って、市場流動性が極端に低下している場合には、自動継続ができず同通貨建ての外貨普通預金に入金させていただく可能性や既に預入していただいた南アフリカランド建て外貨預金の円貨への払戻取引に一時的に応じられない可能性があります。以上のように、南アフリカランドのお取引にあたっては、先進国通貨に比べて相対的に大きなリスクがある点を充分ご理解の上、お取引のご判断をお願いいたします。
【その他参考となる事項】
  • 募集期間中に市場が急変した場合や募集金額が運用可能な金額に達しない場合には、募集の取扱い及びお預入れを中止する場合があります。
【商号等】

株式会社  広島銀行

店頭に「商品概要説明書」をご用意しています。
お預入れの際は、「契約締結前交付書面」の内容をよくお読みください。

 

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 金融商品営業部
TEL(082)247-5151(代表)