ニュースリリース

平成20年5月29日

【投資信託】[ネット専用]商品の新規取扱開始について

 多様化するお客さまの資産運用ニーズに積極的にお応えするため、平成20年6月2日(月)から、海外の株式に投資する投資信託4商品をインターネット専用ファンドとして取扱い開始しますので、お知らせいたします。



1. 取扱開始ファンドおよび委託会社
ファンド名 委託会社
『先進国株式インデックス・ファンド』 モルガン・スタンレー・アセット・マネジメント投信
『ピクテ新興国インカム株式ファンド』 ピクテ投信投資顧問
【新規設定ファンド】
『インベスコ オーストラリア株式ファンド』
インベスコ投信投資顧問
『ブラックロック天然資源株ファンド』 ブラックロック・ジャパン
 
2. 商品の特徴
(1) 『先進国株式インデックス・ファンド』  商品概要PDF
「3つの高い分散性(①国・地域の分散、②セクター(業種)の分散、③銘柄の分散)」に着目した国際株式型のインデックス・ファンド。
  1. 主として、「モルガン・スタンレー 先進国株式インデックス・マザーファンド」を通じて、日本を含む世界の先進国の株式に投資を行います。
  2. MSCIワールド・インデックス(円換算ベース)に連動した投資成果を目指します。
  3. 実質外貨建資産について為替ヘッジは原則として行いません。
  4. 原則として年4回(3、6、9、12月の各18日)、収益分配を行います。
(2) 『ピクテ新興国インカム株式ファンド』  商品概要PDF
高配当利回りに注目した新しいカタチの新興国株式投資。
  1. 主に新興国の大企業が発行する高配当利回りの株式に投資します。
  2. 特定の銘柄、国や通貨に集中せず、分散投資します。
  3. 毎月決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います。
    ※但し、年4回(2、5、8、11月)の決算時には、基準価額等の水準等を勘案し、分配金を付加する場合があります。
(3) 『インベスコ オーストラリア株式ファンド』  商品概要PDF
先進国的側面(内需の活性化)と資源国的側面(豊富な天然資源)という2つの成長エンジンにより牽引されるオーストラリア経済に注目。
  1. 主として、「インベスコ オーストラリア株式 マザーファンド」への投資を通じて、オーストラリアの金融商品取引所に上場されている株式に分散投資を行います。
  2. 運用にあたっては、クオンツ・モデルを活用して個別銘柄選択およびポートフォリオ構築を行い、S&P/ASX300(除く上場不動産投資信託)指数をベンチマークとします。
  3. 原則として年4回(2、5、8、11月の各20日)の決算時に、配当等収益を中心に収益分配を行い、年2回(2月および8月)の決算時には、売買益等から分配を行う場合があります。
  4. 実質外貨建資産の投資に当たっては、原則として為替ヘッジを行いません。
(4) 『ブラックロック天然資源株ファンド』  商品概要PDF
新興国の経済成長に必要な「資源」の需要ニーズの高まりにより、長期的な成長が見込まれる「天然資源株」に注目。
  1. 主として、世界の資源株(エネルギー関連株、鉱山株、金鉱株)を主要な投資対象とし、ブラックロック・グループの運用会社が運用する投資信託証券に投資します。
  2. ファンド・オブ・ファンズ形式で運用します。(「MLIIFワールド・エネルギー・ファンド」、「MLIIFワールド・マイニング・ファンド」、および「MLIIFワールド・ゴールド・ファンド」に投資します。)
  3. 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
3. 販売開始日
平成20年6月2日(月)
 
4. 販売チャネル
[ネット専用]商品の売買は、「積立投資信託」のお申込み(新規・変更・廃止)を含めインターネットバンキングでのみ取引が可能です。(「テレホンバンキングサービス・店頭窓口」ではお取扱いできません。)
 
5. お申込み単位
お申込コース お申込単位
分配金再投資コース 1万円以上1円単位
分配金受取りコース 1万円以上1円単位
 
【投資信託のリスク】
  • 投資信託は、株式や債券等、有価証券に投資しますので、組入有価証券の価格下落や、組入有価証券の発行体の財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。 従って、ご投資家の皆さまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、元本を割り込むことがあります。
    また、外貨建て資産に投資する場合には、為替の変動により損失を被ることがあります。
  • 投資信託の基準価額の変動要因としては、ファンドごとにさまざまな「リスク」があります。
    ※ファンド毎にリスクは異なりますので、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
【投資信託取引に係る諸費用】
  • 投資信託のお申込時にはお申込手数料(基準価額に対し最大3.15%[税込/1万口あたり])、運用期間中には信託報酬(信託財産の純資産総額に対し最大2.197%[税込])やその他費用を間接的にご負担いただくほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。
    また、、換金に際して所定の手数料や信託財産留保額(換金時の基準価額に対し最大1.0%)などをご負担いただく場合があります。
    ※ファンド毎に手数料等は異なりますので、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
【その他の重要事項】
  • 投資信託は、預金保険の対象ではありません。
  • 広島銀行で販売する投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
【商号等】

株式会社  広島銀行    登録金融機関  中国財務局長(登金)第5号

【加入協会】

日本証券業協会    (社)金融先物取引業協会

投資信託をご購入の際は、各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「投資信託のお申込みにあたって」の内容をよくお読みください。

 
 
以 上

 

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 金融商品営業部
TEL(082)247-5151(代表)

※ 本資料は、情報提供を目的として作成されたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。