ニュースリリース

平成20年8月6日
地方銀行42行による「グリーン電力証書」の共同購入について
~「地銀住宅ローン共同研究会」企画~

 「地銀住宅ローン共同研究会」に参加する地方銀行41行※1とともに、自然エネルギーの発電をもとに発行される「グリーン電力証書」を共同購入し、地球温暖化防止に取り組むこととしましたのでお知らせいたします。
 なお、本件は、地銀住宅ローン共同研究会の企画として取り組むものです。

※1 青森銀行、秋田銀行、阿波銀行、池田銀行、伊予銀行、岩手銀行、大分銀行、鹿児島銀行、関東つくば銀行、紀陽銀行、
京都銀行、群馬銀行、山陰合同銀行、滋賀銀行、四国銀行、静岡銀行、七十七銀行、清水銀行、荘内銀行、十八銀行、
常陽銀行、泉州銀行、但馬銀行、第四銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、中国銀行、東京都民銀行、東邦銀行、東北銀行、
鳥取銀行、南都銀行、西日本シティ銀行、八十二銀行、百十四銀行、北都銀行、宮崎銀行、武蔵野銀行、山形銀行、
山梨中央銀行、横浜銀行
(銀行名は五十音順)

 
 「グリーン電力証書」システムは、太陽光、風力、バイオマスなど、化石燃料を使わない自然エネルギーを活用した「グリーン電力」発電設備の普及を促進するシステムとして注目されています。

 具体的には、参加する42行が住宅ローンの取り扱い件数等をもとに資金を出し合い、合計385万kWh分の「グリーン電力証書」を購入します。これは、1,000世帯あたりが消費する電力の約1年分、二酸化炭素削減効果としては約2,137t※2に相当します。
※2 環境省令第3号に定めるデフォルト値(0.555kg-CO2/kWh)で試算
 
 広島銀行では、購入した「グリーン電力証書」を住宅ローンを利用されたお客さまにプレゼントする予定です。住宅ローンを利用されたお客さまには、「グリーン電力証書」を手にすることにより、間接的に地球温暖化防止へ協力していると実感していただけます。
 
 広島銀行では、今後ともCSR(企業の社会的責任)の一環として、環境保全への積極的な取り組みを推進してまいります。
 
【ご参考】「グリーン電力証書」システム概要PDF
以 上

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 個人営業部
TEL(082)247-5151(代表)