ニュースリリース

平成21年7月14日

マネー・ローンダリング等防止態勢の整備に向けた取組みについて
~ 金融犯罪防止に向けた取組強化 ~
 
 平成21年7月より、みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小原 之夫)が金融機関向けに行う「アンチ・マネー・ローンダリング(AML)対応支援サービス」によるコンサルテーションを受け、今後、更なるマネー・ローンダリングおよびテロ資金供与(以下、「マネー・ローンダリング等」といいます)を防止する態勢を整備してまいります。

 昨今、国際的な金融サービスにおける、テロ資金供与に代表される金融機能を利用した不正行為、また国内では振込め詐欺等の不正な口座利用の急増を受け、金融機関においてはマネー・ローンダリング等の防止態勢の構築が経営上の課題としてクローズアップされています。
 当行においても、マネー・ローンダリング等防止について、経営の最重要課題の一つとして位置付け、重点実施項目として、全店あげて積極的に取組んでおります。
 そうした状況下、今般、マネー・ローンダリング等防止に関する組織・業務・システム面において先進的な取組みを行っているみずほフィナンシャルグループのノウハウを通して、今後の当行の態勢強化を図っていくものです。  


 《ご参考:マネー・ローンダリングとは》
 資金洗浄の意味で、麻薬不法取引や財産上の不正な利益を得る目的等で行われた広範囲の犯罪行為により得られた資金を預金、為替、有価証券取引などの金融取引の利用等を通じて隠したり、正当な収入に見せかけたりして、資金の出所や真の所有者をわからなくする行為をいいます。

 
以 上

 

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 事務統括部
TEL(082)247-5151(代表)