ニュースリリース

平成21年8月11日

「排出権特定金外信託」(信託契約代理店)の成約について
[購入企業 ~ 株式会社ヨンパ]

 企業の社会的責任(CSR)の一環として、環境関連商品の拡充に努めております。地球環境保全に取組まれている企業をお手伝いするため、住友信託銀行株式会社(取締役社長 常陰 均)の信託契約代理店として、「排出権特定金外信託」を平成20年6月から取扱しておりますが、このたび中四国の地方銀行で第1号の成約(媒介)をしましたので、お知らせいたします。



1. 排出権特定金外信託の商品概要(今回募集分)
排出権売買
契約内容
排出権売主:丸紅株式会社
対象プロジェクト:ガンウォン風力発電プロジェクト(韓国)
内容:上記プロジェクトの稼動により与えられる排出権
信託目的 温室効果ガス削減の補完的措置として利用するために、排出権を取得すること
募集単位 1口あたりCO2換算1,000トン相当の排出権(募集上限20口)
当初払込金額
(取得価額)
 1口の場合  1口あたり3,045,000円(消費税、信託報酬込)
 2口の場合  1口あたり2,572,500円(消費税、信託報酬込)
 3口以上の場合  1口あたり2,415,000円(消費税、信託報酬込)
信託期間 平成21年8月1日から同月末日までの間で顧客と別途合意した日
 ~平成25年3月26日

【スキーム図】
スキーム図
【概要】
(1) お客さまは住友信託銀行に金銭の信託を行い、信託契約に基づいて住友信託銀行が排出権の購入及び事務管理を行います
(2) お客さまは住友信託銀行に指図し、排出権を次の何れかの方法で管理・処分します。
 信託期間中:排出権を「政府に無償移転」または「受託者の管理口座に留保」
 信託終了時:排出権を「政府に無償移転」または「排出権のままお客さまが引受」
 
2. お客さまのメリット
(1) 温室効果ガス削減を目的に、必要分だけ排出権を購入できます。
(2) 煩雑な排出権現物の管理業務が不要です。(住友信託銀行が行います。ただし、信託終了時に排出権のままお客さまに引き渡した後の管理を除きます。)
 
3. 今回の購入企業の概要
会社名 株式会社 ヨンパ
所在地 愛媛県四国中央市寒川町2582
代表者 薦田 謙一郎
業 種 加工紙製造
購入口数 2口(CO2換算2,000トン相当)
事業内容

購入目的
  • 当社は、ノベルティティシュー企画・製造・販売を主に営む企業で、「クライアントの想いを効果的に伝える」ことを念頭にパッケージデザインやサイズを工夫、発想に応じた自由度の高いノベルティ作りを実現しています。
  • また、国際的な森林認証制度である「FSC認証※」を取得し、「取り出し口にポリを使用しないボックスティシュー(実用新案申請中)」の発案等、環境に配慮した製品作りにも積極的に取組んでおります。
    ※国際的な森林管理協議会(FSC)に基づく生産・加工・流通過程の管理認証
  • 今回、取得した排出権は、ティシューの製造過程等で発生するCO2の一部と相殺する予定です。
以 上

 

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 法人営業部
TEL(082)247-5151(代表)