ニュースリリース

平成21年8月14日

〈ひろぎん〉満期日繰上特約付定期預金「プレミアム・プラス」の
個人インターネットバンキングでの取扱開始について

 平成21年8月17日(月)から、〈ひろぎん〉満期日繰上特約付定期預金「プレミアム・プラス」の個人インターネットバンキングでの取扱いを開始いたしますので、お知らせします。



1. 取扱商品・内容
商品名 〈ひろぎん〉満期日繰上特約付定期預金「プレミアム・プラス」
取扱内容 従来の店頭受付に加え、個人インターネットバンキングでの取扱いを開始
取扱開始日 平成21年8月17日(月)
 
2. 商品の特徴
  • 当行の判断により満期日を繰上げることができる特約が付いている定期預金です。この特約に対する対価が金利に反映されることで、通常の同期間の定期預金に比べて高い金利の設定が可能になります。
  • 期間の定めのある募集式の商品です。金利等の条件は募集の都度決定します。
  • 中途解約はできません。止むを得ない事情により当行合意のうえ中途解約する場合は、中途解約損害金がかかります。この場合、結果として大幅な元本割れをおこすことがあります。中途解約せず満期日までお預け入れいただいた場合は、元本及び利息が保証されます。
 
3. 商品概要説明書
詳しくはこちらPDF
 
4. その他
インターネットバンキングでのお預け入れには、特典として100万円お預け入れ毎に500円のキャッシュバックを行います。(詳しくは募集条件をご確認ください。)
 
以 上

【〈ひろぎん〉満期日繰上特約付定期預金「プレミアム・プラス」のリスク】
  • 本商品は中途解約ができないため、預入期間中に金利が上昇する場合でも、他の商品に乗り換えることはできません。結果として、本商品での運用が不利なものとなる可能性があります。
  • 満期日が繰上げられた場合、他の満期日繰上特約の付いていない同期間の固定金利商品と比べて、運用が不利となる可能性があります。
  • 本商品の中途解約はお受けできませんが、当行がやむを得ないものと認めて、この預金の中途解約をお受けした場合、中途解約日から満期日までの期間に対応する同条件の預金を新たに調達し、内在するデリバティブを再構築する必要があり、中途解約時点での市場価格で計算された再構築額を中途解約損害金として、お客さまにご負担いただきます。
    この場合、結果としてお受取金額が預入時の払込金額を大幅に下回ることがあります。 中途解約損害金については、「市場の金利水準」等によって大きく変動します。一般的には、預入時の市場金利と比べて、中途解約時の市場金利が上昇しているほど、中途解約損害金は高くなる傾向にあります。(損害金の計算方法については、店頭にご用意している「お申し込みにあたって」(契約締結前交付書面)をご覧ください)
【〈ひろぎん〉満期日繰上特約付定期預金「プレミアム・プラス」取引に係る諸費用】
  • 預入にかかる諸費用はありません。
【その他の重要事項】
  • 本商品は、預金保険の対象です。預金保険制度の範囲内で保護されています。
  • 本商品は、お客様が満期日を選べません。預入日の1年後において、本商品の満期日を当初満期日とするか、満期日を繰り上げる(1年)かは、市場金利の状況に基づき当行が決定します。
    ※詳しくは、契約締結前交付書面をご覧下さい。
【キャッシュバックについて】
  • キャッシュバックはインターネットバンキングでお預け入れいただいた場合が対象になります。
  • キャッシュバックは、預入日の翌月末までに「プレミアム・プラス」の元利金入金口座に振込みます。
  • キャッシュバック実施までに「プレミアム・プラス」を中途解約、又は元利金入金口座を解約した場合はキャッシュバックの対象になりません。
【商号等】

株式会社  広島銀行

※満期日繰上特約付定期預金「プレミアム・プラス」にお預入の際は、契約締結前交付書面の内容をよくお読みください。
※インターネットバンキングでの満期日繰上特約付定期預金「プレミアム・プラス」のご利用は、20歳以上 の方に限ります。
※お客さまが暴力団員、暴力団関係企業、および総会屋等の反社会的勢力に該当すると認められる場合は、申込を受付することはできません。
※お取引にあたっては、総合的な判断に基づき、申込を受付できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 金融商品営業部
TEL(082)247-5151(代表)