ニュースリリース

平成21年8月14日

【投資信託】インターネット専用商品の新規取扱開始について

 多様化するお客さまの資産運用ニーズに積極的にお応えするため、平成21年8月17日(月)からインターネット専用商品の取扱いを開始しますので、お知らせいたします。



1. 商品名
商品分類 商品名 投信会社
追加型投信/海外/
株式/インデックス型
中央三井ダウ・ジョーンズ インデックスファンド 中央三井アセットマネジメント
香港ハンセン指数ファンド 三井住友アセットマネジメント
 
2. 商品の特徴
中央三井ダウ・ジョーンズインデックスファンド
マザーファンドへの投資を通じて、ダウ工業株30種平均株価(NYダウ)(円換算ベース)と連動する投資成果を目標として運用を行います。
香港ハンセン指数ファンド
マザーファンドへの投資を通じて、香港ハンセン指数(円換算ベース)と連動する投資成果を目標として運用を行います。
※その他、詳細についてはこちらPDFをご参照ください。
 
3. 取扱開始日
平成21年8月17日(月)
 
4. お申込み単位
分配金受取りコース/分配金再投資コース:10,000円以上1円単位
※積立投資信託は「分配金再投資コースのみ」:5,000円以上1,000円単位
 
5. お申込み手数料
2商品ともに 2.1%(税抜2.0%)
 
6. 販売チャネル
本商品はインターネット専用商品であるため、「積立投資信託」のお申込み(新規・変更・廃止)も含め「〈ひろぎん〉インターネット投資信託サービス」でのみ取引が可能です。(「店頭窓口・テレホンバンキングサービス」ではお取扱いできません。)

以 上
【投資信託のリスク】

当該ファンドは、主に外国の株式を実質的な投資対象としますので、組入株式の価格下落や、組入株式の発行体の財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。 したがって、ご投資家の皆様の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。また、実質的に外貨建て資産に投資しますので、為替の変動により損失を被ることがあります。

ファンドの基準価額の変動要因としては、主に「株価変動リスク」、「為替リスク」、「流動性リスク」、「カントリーリスク」、「信用リスク」などがあります。
※詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。

【投資信託取引に係る諸費用】

《直接的にご負担いただく費用》

  中央三井ダウ・ジョーンズ
インデックスファンド
香港ハンセン指数ファンド
申込手数料 2.1%(税抜2.0%)
[1万口あたり]
2.1%(税抜2.0%)
[1万口あたり]
換金手数料 ありません。 ありません。
信託財産留保額 換金請求受付日の翌営業日の
基準価額×0.2%
[1万口あたり]
換金請求受付日の翌営業日の
基準価額×0.3%
[1万口あたり]

《間接的にご負担いただく費用》

信託報酬 中央三井ダウ・ジョーンズ
インデックスファンド
香港ハンセン指数ファンド
純資産総額に対し
年率0.7245%(税抜0.69%)
純資産総額に対し
年率0.819%(税抜0.78%)
その他の費用 有価証券売買時の売買委託手数料、信託事務の処理に要する諸費用等、ファンドを通じて間接的にご負担いただきます。なお、その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。
※手数料等の合計額については、申込金額や保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。
詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)の「手数料等及び税金」をご覧ください。
【その他の重要事項】
  • 投資信託は、預金保険の対象ではありません。
  • 広島銀行で販売する投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
【商号等】

株式会社  広島銀行    登録金融機関  中国財務局長(登金)第5号

【加入協会】

日本証券業協会    (社)金融先物取引業協会

本資料は、情報提供を目的として作成されたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 金融商品営業部
TEL(082)247-5151(代表)