ニュースリリース

平成21年10月30日

地域産業資源としての観光資源を活かした街づくり
(~佐伯区"観光力増進"シンポジウム~)の開催について

 平成21年4月に経済産業省より受託した「地域力連携拠点事業」に取り組んでおります。このたび、本事業の一環として広島市及び五日市商工会と共催で下記のとおりシンポジウムを開催しますので、お知らせいたします。



1. 実施目的
当行の保有する商工業者のネットワークと、広島市佐伯区の地域産業資源(観光、農産物、特産品等)を活用した新商品・サービスの開発、そして販路開拓・観光資源の情報発信等により、地域社会の発展と地域経済の活性化に向け貢献するものです。
 
2. 実施内容
(1)テーマ
地域産業資源としての観光資源を活かした街づくり
 ~佐伯区"観光力増進"シンポジウム~
(2)日 時
平成21年11月4日(水)18:30~20:30
(3)会 場
佐伯区民文化センタースタジオ(広島市佐伯区五日市中央6-1-10)
(4)プログラム

[1] 基調講演
「ほんまもん体験のすすめ」
  NPO活動法人ほんまもん体験倶楽部事務局長 刀根 浩志 氏
 「『Know-how』から『Know-who』へ!」
  (株)おおやま夢工房取締役総支配人 緒方 英雄 氏
[2] 事例発表
「コイン通りを観光スポットに」
  コイン通り商店街振興組合理事長 広川 和明 氏
 「湯来を中心とした体験交流型観光について」
  広島市湯来ニューツーリズム推進実行委員会委員長 有本 寿夫 氏
[3] 施策説明
「地域資源活用事業・農商工連携活用施策の紹介」
  経済産業省中国経済産業局中小新事業担当参事官 垣内 智毅 氏
[4] シンポジウム
「地域産業資源としての観光資源を活かした街づくり」
  (株)ソアラサービス代表取締役社長 牛来 千鶴 氏
  ほか、上記基調講演者、事例発表者4名
 
(5)主 催
広島市、五日市商工会、広島銀行地域力連携拠点
以 上

<ご参考:地域力連携拠点事業>
 経済産業省(中小企業庁)が平成20年5月に開始した事業で、小規模企業等が直面する様々な経営課題に対応するための支援体制を強化するために、先進的な経営支援等を実施する機関を「地域力連携拠点」として全国327か所に設置し、小規模企業等に密着したきめの細かい支援を実施することを目的とする事業。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 法人営業部
TEL(082)247-5151(代表)