ニュースリリース

平成22年2月12日

【投資信託】積立投資信託の最低申込金額の引き下げについて

 多様化するお客さまの資産運用ニーズに積極的にお応えするため、積立投資信託の最低申込金額を、平成22年2月15日(月)から全商品5,000円に引き下げますので、下記のとおりお知らせいたします。



1. 内容
積立投資信託による毎月の最低申込金額を、全商品5,000円以上1,000円単位に引き下げます。
※従来は月々10,000円以上1,000円単位( [ネット専用]商品のみ月々5,000円以上1,000円単位)
 
2. 実施日
窓口受付分:平成22年2月15日(月)~
 
3. お申込チャネル
窓口およびインターネット
 
4. ご参考(積立投資信託の特徴)
(1)
積立投資信託は、少額から毎月無理なく決まった日に投資信託を購入できます。
(2)
投資タイミングに悩まされることなく、少額からこつこつ積み立てられるため、資産形成に有効な手段です。
(3)
価格の水準にかかわらず、一定の金額で購入する投資方法(「ドル・コスト平均法」)により、購入単価が平均化され、まとめて購入する場合に比べ価格変動による影響を抑える効果が期待でき、長い目でお金を育てることができます。
この度、毎月の最低申込金額を5,000円以上1,000円単位に下げることにより、〈ひろぎん〉積立投資信託がますますご利用いただきやすくなります。
 
以 上

【投資信託のリスク】
  • 投資信託は、株式や債券等、有価証券に投資しますので、組入有価証券の価格下落や、組入有価証券の発行体の財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。 従って、ご投資家の皆さまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、元本を割り込むことがあります。
    また、外貨建て資産に投資する場合には、為替の変動により損失を被ることがあります。
  • 投資信託の基準価額の変動要因としては、ファンドごとにさまざまな「リスク」があります。
    ※ファンド毎にリスクは異なりますので、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
【投資信託取引に係る諸費用】
  • 投資信託のお申込時にはお申込手数料(基準価額に対し最大3.15%[税込/1万口あたり])、運用期間中には信託報酬(信託財産の純資産総額に対し最大2.197%[税込])やその他費用を間接的にご負担いただくほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。
    また、換金に際して所定の手数料や信託財産留保額(換金時の基準価額に対し最大1.0%)などをご負担いただく場合があります。
    ※ファンド毎に手数料等は異なりますので、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
【その他の重要事項】
  • 投資信託は、預金保険の対象ではありません。
  • 広島銀行で販売する投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • お客さまが暴力団員、暴力団関係企業、および総会屋等の反社会的勢力に該当すると認められる場合は、申込を受付することはできません。
  • お取引にあたっては、総合的な判断に基づき、申込を受付できない場合がございます。あらかじめご了承ください。
【商号等】

株式会社  広島銀行    登録金融機関  中国財務局長(登金)第5号

【加入協会】

日本証券業協会    (社)金融先物取引業協会

投資信託をご購入の際は、各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「投資信託のお申込みにあたって」の内容をよくお読みください。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 金融商品営業部
TEL(082)247-5151(代表)

※本資料は、情報提供を目的として作成されたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。