ニュースリリース

平成22年3月23日

天然ガス自動車の導入について
~広島銀行福山地区初~


 CSR(企業の社会的責任)への取組みの一環として、環境保全活動に積極的に取組んでおります。当行では、この度、営業用車両として福山地区では初めて天然ガス自動車を導入いたしましたので、お知らせいたします。


〔天然ガス自動車導入の概要〕
1.導入理由
 昨年10月末、福山ガス株式会社が福山地区で初の「福山天然ガススタンド」を建設し、営業を開始いたしました。この「福山天然ガススタンド」建設により福山地区での天然ガス燃料供給が可能となったことから、福山営業本部の営業用車両として環境にやさしい「天然ガス自動車」を導入したものです。
2.導入にあたっての考え方
 天然ガスは、ガソリン、軽油と比較して約2割のCO2排出削減効果があり、NOx(窒素酸化物)、CO(一酸化炭素)などの排出量も従来車に比べて大幅に低減できるなど、クリーンで地球環境に優しいエネルギーとして注目を集めております。
 天然ガス自動車は、CO2排出削減に効果を発揮し、体に影響を及ぼす有害なガスや物質をほとんど排出しない環境や人にも優しい車です。
3.導入内容
(1)導入台数
天然ガス自動車1台(ダイハツ ミラバン)
(2)導入時期
平成22年1月
4.その他
~当行での"天然ガス自動車"導入実績~
 本店営業部(広島市)1台 平成12年6月導入
本件により、当行の導入台数は計2台となります。この他、当行では平成19年3月に策定した「自動車使用合理化計画」に基づき、低公害車の導入を進めております。今後も引き続き、地域社会の一員として環境保全・社会貢献活動を積極的に推進してまいります。
以上

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 総合企画部
TEL(082)247-5151(代表)