ニュースリリース

平成22年4月1日

~平成22年度新入職員による環境保全活動「植樹」への取組みについて~


 CSR(企業の社会的責任)の一環として、本店建物において、平成18年2月に取得した「ISO14001」システムに基づき、電力・ガスの使用量削減、紙ゴミリサイクルの推進等の環境目的・目標を設定するほか、平成18年7月の本店屋上緑化実施等の環境保全活動に取組むとともに、環境に配慮した商品・サービスも数多く取り揃えております。
 また、日本の森を守る活動を支援していくことを目的として、平成20年7月に発足した「日本の森を守る地方銀行有志の会」に参加しております。
 そうした中で、"ひろぎんの森(広島銀行研修所)"において平成22年度より毎年新入職員による「植樹」を実施しますので、お知らせいたします。


1.目的
(1)環境保全活動への意識向上
広島銀行では、従事者、家族を含め広島市のごみゼロクリーンウォークに参加する等、全行を挙げて環境保全活動に取組んでおり、その意識を新入職員の時から持つ。
(2)一体感の醸成
今後の銀行員生活の中で切磋琢磨し、困難を乗り越えていくために同期入行同士の一体感の醸成を図る。
(3)新入職員としての初心の持続
今後、研修所を訪れる都度、自らが植樹したサクラを見る中で、入行時の気持ちを思い起こすとともに、自らの成長を省みる場とする。
2.「植樹」実施概要
(1)日時 平成22年4月5日(月) 10:30~10:50
(2)場所 ひろぎんの森(広島市西区己斐上6-452 広島銀行研修所)
(3)植樹内容 サクラ (苗木  高さ2m程度) 6本・・・ソメイヨシノ
(4)参加者 角廣頭取、新入職員全員(131名)
3.今後の取組み
森林を守る活動として、地域の森林所有者等と相互に協力する中で、森林整備、従事者による様々な環境貢献・森林体験活動の展開を検討するなど、環境保全・社会貢献活動への積極的な取組みを推進してまいります。
以上

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 人事総務部
TEL(082)247-5151(代表)