ニュースリリース

平成22年6月30日

『認知症サポーター』の全行的な養成について


 認知症に関する理解を深め、認知症の方やそのご家族の皆さまが安心して暮らせる環境づくりに貢献するため、当行従事者を対象に「認知症サポーター養成講座」を開催し、全行的な「認知症サポーター」の養成に取り組んでまいりますので、お知らせいたします。


1.認知症サポーターとは
 認知症について正しく理解し、認知症の方やそのご家族を暖かく見守る応援者として、自分のできる範囲で手助けをする等、誰もが安心して暮らせる環境作りのため、地域社会で活動する人のことです。
2.認知症サポーター養成の目的
(1)
認知症に関する正しい知識を身に付け、窓口等での適切な応対ができるよう態勢を整える。
(2)
地域社会の一員として、認知症の方やそのご家族が安心して暮らせる環境づくりに貢献する。
3.認知症サポーター養成講座の実施について
(1)日  時
平成22年7月22日(木)
本店
福山営業本部
16:00~17:30
16:00~17:30
(2)開催場所
  (2カ所)
広島銀行 本店 7Fホール
  (広島市中区紙屋町1-3-8)
広島銀行 福山営業本部 3階会議室
  (福山市霞町1-1-1)
(3)講  師
全国キャラバン・メイト養成研修終了講師
(4)受講人数
全店の窓口営業責任者及び好感度リーダー332名(予定)
今回の受講により、全営業店(166カ店:出張所含む)に1名以上の「認知症サポーター」を配置することができます。
4.今後の養成スケジュール
平成24年3月末日までに、支店長をはじめとした全従業員の「認知症サポーター養成講座」受講を目指します。
(尚、平成22年度新入職員については、平成22年6月21日(月)、23日(水)に全員受講済。)
今後も広島銀行は、地域社会に配慮したさまざまな活動に取り組んでまいります。
以上

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 営業統括部
TEL(082)247-5151(代表)