ニュースリリース

平成22年7月14日

財団法人日本宇宙フォーラムとの「連携協力に関する協定書」の締結について


 横浜銀行、山陰合同銀行、伊予銀行と地方銀行4行にて、地域社会の発展を目的として、財団法人日本宇宙フォーラム(JSF:理事長 間宮 馨)との間で、「連携協力に関する協定書」を締結し、下記の通り締結式を行うことといたしましたのでお知らせします。
 なお、民間金融機関と財団法人日本宇宙フォーラムとの提携は、日本初となります。


【締結式の概要】
1.日 時 :
平成22年7月14日(水) 14時00分~14時30分
2.場 所 :
財団法人 日本宇宙フォーラム 第1会議室
東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル7階
3.出席者:
 (敬称略)
○財団法人 日本宇宙フォーラム
理事長 間宮 馨
○株式会社 横浜銀行
頭取 小川 是
○株式会社 山陰合同銀行
頭取 古瀬 誠
○株式会社 伊予銀行
頭取 森田 浩治
○株式会社 広島銀行
頭取 角廣 勲

<本協力協定の概要>
1.目的
 各地方銀行が所有する地域社会における産業とのネットワークと財団法人日本宇宙フォーラムが所有する宇宙分野における知見やネットワークを有効に活用し、連携協力することで、地域産業界の発展、をはじめ地域社会の持続的発展に貢献することを目的とします。
2.想定される協力内容
 本協力協定により、お互いに連携協力することで、宇宙航空技術に関するセミナー・商談会の開催等の企画・運営やその他、宇宙航空に関連する地域社会の発展に資する活動を行い、宇宙航空技術に関連した企業等との共同研究、受託研究の推進・支援、および宇宙航空技術の企業等へのスピンオフ(技術移転)の促進支援を目指します。
3.期待される効果
 国民生活の質を向上させるために国等が推進している産業発展の取組みを促進させるための支援を行うことにより、国および宇宙航空技術を有するメーカー等と各地域の企業との間で共同研究や宇宙利用を促進させ、宇宙航空技術と企業が所有する技術を融合させて得られる成果を広く一般に普及させることを目指します。これにより、企業は新たなビジネスを開拓し、地域社会の持続的発展に資することが期待されます。
 地方銀行4行と財団法人日本宇宙フォーラムは互いの強みを活かし、共同研究及び宇宙利用を促進させるためのコーディネータとしての役割を担います。
<参考資料>
・財団法人日本宇宙フォーラム(JSF)
 平成6年に、民間企業が出資し、宇宙の開発に係る科学技術およびその他の科学技術の振興に関する事業を推進し、もって我が国の宇宙の開発に係る科学技術およびその他の科学技術の水準の向上を図り、国民経済の発展に寄与することを目的に設立されました。中小企業の発展などを念頭に、宇宙航空技術の民間企業等への技術移転の支援などに取り組んでいます。
以上

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 法人営業部
TEL(082)247-5151(代表)