ニュースリリース

平成22年12月1日

環境に配慮した営業車両の導入について


 CSR(企業の社会的責任)の一環として、環境保全活動に取組んでおりますが、このたび、ガソリン車に係る温室効果ガス排出の抑制を図ること等を目的に「カーシェアリング」の利用、および「電動アシスト自転車」「電動バイク」を営業車として導入することとなりましたのでお知らせいたします。


■概要
1.カーシェアリング
(1)導入目的 当行を含む複数の企業・個人で車を所有(シェア)することにより、全体的な車の保有台数が削減され、CO2の排出削減、渋滞緩和、駐車場不足の解決等に繋がる。
(2)導入する
  サービス
タイムズプラス(株式会社マツダレンタカーが運営)
<内容>
必要なときに必要なだけ車が利用できるサービス
インターネットや電話での利用予約により15分単位で課金されるシステム
(3)導入店舗 2カ店(本川支店、広島東支店)
※今後のカーステーションの展開状況に応じて追加導入の予定です。
(4)導入方法 営業店における営業車の所有台数を削減し、カーシェアリングを利用。
(5)導入時期 平成22年12月1日(水)
2.電動アシスト自転車
(1)導入目的 周辺地域へのきめ細かい営業活動を行うなか、ガソリンバイクから「電動アシスト自転車」へシフトすることにより、CO2排出量が削減でき環境への負荷軽減を図る。
(2)導入台数
18台/18カ店
(銀山町支店、大河支店、皆実町支店、舟入支店、本川支店、三川町支店、八丁堀支店、吉島支店、庚午支店、五日市支店、広島西支店、竹原支店、福山蔵王支店、福山胡町支店、吉舎支店、松江支店、温品支店、福田支店)
(3)導入時期 平成22年12月上旬
3.電動バイク
(1)導入目的 周辺地域へのきめ細かい営業活動を行うなか、ガソリンバイクから「電動バイク」へシフトすることにより、CO2排出量が削減でき環境への負荷軽減を図る。
(2)導入車両 車種名:SEED(Terra Motors株式会社製)
<特徴>
1回の充電(約30円)で35km~45km走行可能
ガソリンバイクと比較し燃費が約1/6(当行比較)
(3)導入台数 1台/1カ店(温品支店)
※走行性能等を確認するなか、追加導入を検討します。
(4)導入時期 平成22年12月3日(金)

以上

本件に関するお問い合わせ先
株式会社 広島銀行 営業統括部
TEL(082)247-5151(代表)