ニュースリリース

平成24年6月29日

フィッシングサイト閉鎖サービス「RSA FraudAction」の導入について

 お客さまにより安心して当行のインターネットバンキングやホームページをご利用いただけるよう、フィッシングサイト閉鎖サービス「RSA FraudAction(アールエスエー・フロードアクション)」を導入いたしますので、下記のとおりお知らせします。
 本サービスの導入により、当行のインターネットバンキングやホームページご利用時におけるフィッシング詐欺被害の拡大を防止いたします。
 今後も、当行では、お客さまにインターネットバンキングやホームページを安心してご利用いただけるよう、セキュリティ強化に努めてまいります。

1.実施日

平成24年7月1日(日)

2.「RSA FraudAction(アールエスエー・フロードアクション)」の概要

 「RSA FraudAction」とは、EMCジャパン株式会社が提供するフィッシングサイト検知・閉鎖サービスです。
 オンライン不正対策指令センター(AFCC)が24時間・365日体制でフィッシングサイトの検知・閉鎖を実施するサービスで、多言語に対応し、これまで国内外で50万サイト以上のフィッシングサイトを閉鎖した実績があります。

【フィッシング詐欺とは】

 金融機関を装って電子メールを送信し、偽のウェブサイト(フィッシングサイト)やメールの添付ファイルにインターネットバンキング取引に必要な情報等を入力させることにより入手した情報を用いて、インターネットバンキングに不正アクセスし、預金を引き出すもの。

以上

お問合せ 本件に関するお問い合わせ先

■株式会社広島銀行 営業統括部

  • TEL082-247-5151(代表)
  • (通話料は、お客さま負担となります。)
受付時間/平日9:00~17:00 (土・日・祝休日、大晦日、正月3が日は除く)