ニュースリリース

平成25年8月29日

電子記録債権(でんさい)に関する新商品・サービスの取扱開始について
~資金調達関連メニューの拡充~

 平成25年2月から電子記録債権(でんさい)による商取引の新たな資金決済サービス「〈ひろぎん〉でんさいサービス」の取扱いを開始しております。
 このたび、今後のでんさいの普及を見込み、関連する資金調達方法として、従来のでんさい割引に加え、融資新商品・サービスを全国の金融機関に先駆けて取扱開始しますので、下記のとおりお知らせいたします。
 当行は、引き続き地域社会の一員として、魅力のある商品・サービスの提供により、地域経済の発展に貢献してまいります。

1.でんさいを活用した融資商品の創設

(1)商品名

「〈ひろぎん〉でんさいABL(※1)

(2)目的

「〈ひろぎん〉でんさいサービス」をご利用いただくお客さまの円滑な資金調達を目的として、でんさいの債権譲渡担保(※2)を活用した融資商品を創設するものです。

(3)商品概要

商品名 〈ひろぎん〉でんさいABL
ご利用いただける方 当行で「でんさいの受取」をご利用の法人・個人事業主のお客さま
特長 当行がでんさいの譲渡担保取得を条件に借入枠を設定することにより、お客さまの急な資金ニーズにもスピーディーに対応が可能
条件等  
  お借入極度額 5億円以内(事前に契約の上、借入枠を設定)
ご融資実行額 借入枠かつ「当行に譲渡されたでんさいの債権金額×120%」の範囲内
ご契約期間 1年以内
ご融資期間 6ヶ月以内
※担保とする電子記録債権の支払期日を超える期日設定も可
ご融資利率 当行所定金利
担保 でんさいを債権譲渡担保として取得
保証人 原則として法人は代表者さま(個人事業主のお客さまは原則不要)

(4)取扱開始日

平成25年8月29日(木)

(※1)ABL

ABL(Asset Based Lending)とは、企業が保有する「売掛金などの債権」や「在庫などの動産」を担保とする融資

(※2)債権譲渡担保

債務者が保有する金銭債権を担保の目的で債権者に譲渡する形態の担保権

2.でんさいを活用した「資金調達の多様化」を目的とするサービスの取扱開始

(1)サービス名

[1] でんさいアセットファイナンス
[2] でんさいファクタリング

(2)目的

企業のオフバランスニーズ等、多様化する資金調達ニーズに対応するため、上記サービスを開始するものです。

(3)概要

サービス名 [1] でんさいアセットファイナンス [2] でんさいファクタリング
ご利用いただける方 当行で「でんさいの受取」をご利用の法人・個人事業主のお客さま 「でんさいの受取」をご利用の法人・個人事業主のお客さま
条件等 お客さまの保有するでんさいをノンリコース(※3)で買取
  買取主体 「当行が出資するSPC」(※4) 「電子債権アクセプタンス(株)」(※5)
(当行がお客さまへご紹介を行います。)
対象債権 大企業、優良企業の債権が中心 大企業から中小企業の債権まで
条件等 当行の取扱基準に応じた対応 電子債権アクセプタンス(株)の取扱基準に応じた対応

(※3)万が一、でんさいの支払人(債務者)が支払不能(不渡り)となった場合にもお客さまへ買戻し請求などの遡及権が発生しません。

(※4) 「当行が出資するSPC」とは、当行が債権流動化業務を行うことを目的として、平成14年に設立した特別目的会社の「エイチビー・アセット・ファンディング・コーポレーション」をいいます。

(※5)「電子債権アクセプタンス(株)」とは、NECキャピタルソリューション株式会社とイー・ギャランティ株式会社との合弁により設立された電子記録債権の買取・流動化を専業とする企業です。同社と業務提携契約を締結した金融機関は当行が全国初となります。

(4)取扱開始日

平成25年8月29日(木)

以上

お問合せ 本件に関するお問い合わせ先

■株式会社広島銀行 融資企画部

  • TEL082-247-5151(代表)
  • (通話料は、お客さま負担となります。)
受付時間/平日9:00~17:00 (土・日・祝休日、大晦日、正月3が日は除く)