ニュースリリース

平成25年9月4日

『(福山市)見守り支援員』の養成について

 お年寄りの単身世帯が増加している環境下、高齢者が安心して暮らせる環境作りに貢献するため、今般、福山市社会福祉協議会が推進する「高齢者等の見守り活動」の主旨に賛同し、福山市内に立地する全支店において、「見守り支援員の養成」に取り組むこととしましたので下記のとおりお知らせいたします。
 なお、福山市の本取組みにおける企業単位での参加は、当行が初めてとなります。

 当行は、今後も地域社会に貢献するさまざまな活動に積極的に取り組んでまいります。

1.見守り支援員とは

 福山市社会福祉協議会が派遣する「見守り支援員インストラクター」による講義を受講し、見守り活動の意義・高齢者等との接し方・関係機関との連携等について正しく理解し、見守り活動に協力する人のことです。

2.見守り支援員養成の目的

  • (1) 地域社会の一員として、高齢者等が安心して暮らせる環境作りに貢献する。
  • (2) 見守り活動に関する正しい知識を身に付け、外訪活動等において困られている高齢者等を発見した場合、適切な応対ができるよう態勢を整える。

3.対象店舗・対象者

福山市内に立地する全支店(17支店)の行員(約280名)

【松永支店・福山野上支店・福山蔵王支店・福山営業本部・福山春日支店・福山南支店・福山手城支店・千年支店・鞆支店・福山西支店・福山胡町支店・神辺支店・新市支店・駅家支店・福山瀬戸支店・松永南支店・福山北支店】

4.養成時期(受講時期)

平成25年8月27日~平成25年11月(予定)

5.今後の取組方針

 今後、他の自治体で同様の取組みが実施される場合は随時対象店舗・対象者を拡大し、地域住民やお客さまの「ご満足とご安心」の更なる向上を目指します。

<ご参考>

当行では、全行員(※)を対象に平成22年7月から「認知症サポーター養成」への取組みを実施し、これまでに3,245名が受講済。
(※)海外勤務・出向等による受講不能者を除く

以上

お問合せ 本件に関するお問い合わせ先

■株式会社広島銀行 営業統括部

  • TEL082-247-5151(代表)
  • (通話料は、お客さま負担となります。)
受付時間/平日9:00~17:00 (土・日・祝休日、大晦日、正月3が日は除く)