ニュースリリース

平成26年1月10日

【投資信託】新商品の取扱開始について

 多様化するお客さまの資産運用ニーズに積極的にお応えするため、投資信託新商品の取扱いを開始しますので、下記のとおりお知らせいたします。
 本商品は、今年から開始となった少額投資非課税制度(NISA)に向けて、幅広いお客さまに中長期的な観点から資産運用をいただけるよう投資信託のラインナップに加えるものです。
 当行では、今後も商品・サービスの充実を図り、お客さまのご満足や利便性の向上に努めてまいります。

1.商品名

商品分類 ファンド名 運用会社
追加型投信/国内/株式 RS日本株式ファンド
「愛称:市場リスク配慮型日本株式ファンド」
日興アセットマネジメント
追加型投信/海外/債券 RS豪ドル債券ファンド
「愛称:為替リスク配慮型豪ドル債券ファンド」
追加型投信/海外/債券 BAMワールド・ボンド&カレンシーファンド (1年決算型)
「愛称:ウィンドミル1年」
ベアリング投信投資顧問

2.取扱開始日

平成26年1月14日(火)

3.お申込み方法

当行本支店

※インターネットバンキングでもお取引可能です。

4.商品概要

以上

お問合せ 本件に関するお問い合わせ先

■株式会社広島銀行 個人営業部

  • TEL082-247-5151(代表)
  • (通話料は、お客さま負担となります。)
受付時間/平日9:00~17:00 (土・日・祝休日、大晦日、正月3が日は除く)




ご留意点

【投資信託のリスク】
  • 投資信託は、株式や債券等、有価証券に投資しますので、組入有価証券の価格下落や、組入有価証券の発行体の財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。 従って、ご投資家の皆さまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、元本を割り込むことがあります。
    また、外貨建て資産に投資する場合には、為替の変動により損失を被ることがあります。
  • 投資信託の基準価額の変動要因としては、ファンドごとにさまざまな「リスク」があります。

※ファンド毎にリスクは異なりますので、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

【投資信託取引に係る諸費用】
  • 投資信託のお申込時にはお申込手数料(基準価額に対し最大3.15%[税込/1万口あたり])、運用期間中には信託報酬(信託財産の純資産総額に対し最大2.197%[税込])やその他費用を間接的にご負担いただくほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。また、換金に際して所定の手数料や信託財産留保額(換金時の基準価額に対し最大1.0%)などをご負担いただく場合があります。

※ファンド毎に手数料等は異なりますので、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

【その他の重要事項】
  • 投資信託は、預金保険の対象ではありません
  • 広島銀行で販売する投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ※お客さまが暴力団員、暴力団関係企業、および総会屋等の反社会的勢力に該当すると認められる場合は、申込を受付することはできません。
  • ※お取引にあたっては、総合的な判断に基づき、申込を受付できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

【商号等】

株式会社 広島銀行 登録金融機関 中国財務局長(登金)第5号

【加入協会】

日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会

投資信託をご購入の際は、各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「投資信託のお申込みにあたって」の内容をよくお読みください。



※本資料は、情報提供を目的として作成されたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。