•  
  • ̃y[Wŕ
  • pē

行動憲章

当行は、信用の基礎となる企業倫理の確立を図り、当行の社会的責任と公共的使命を果たすことを目的として「広島銀行の行動憲章」を制定しており、この行動憲章に基づいて従事者一人ひとりが強い使命感と高い倫理観をもって業務に取り組んでいます。

  1. 信頼の確保
    広島銀行は、銀行の社会的責任と公共的使命を十分認識し、健全で効率的な業務運営を通じて、地域社会との強い信頼関係で結ばれた、頼りがいのある〈ひろぎん〉の構築に向け、不断の努力を行う。
  2. 法令や社会的規範の遵守
    広島銀行は、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、高潔な倫理観を備えた良き企業市民として社会的規範に則った企業活動を遂行する。
  3. 価値ある金融サービスの提供
    広島銀行は、地域経済を支える金融機関としての自覚を持ち、真心を込めた応対と、市民生活や企業活動に脅威を与えるテロ、サイバー攻撃、自然災害等に備え、セキュリティレベルの向上や災害時の業務継続確保などお客さまの利益の適切な保護にも十分配意した最高品質の価値ある金融サービスの提供を通じて、お客さまのご満足とご安心の向上を図るとともに、地域経済の発展に貢献する。
    特に、金融商品販売においては、お客さまの利益の実現を最優先に考え、お客さまの視点に立って、高度な専門性を保持し、付加価値の高い商品・サービスを提供することが、結果として中長期的な企業価値の増大につながるとの認識のもと、お客さま本位の業務運営を実践する。
  4. 人権の尊重
    広島銀行は、すべての人々の人権を尊重する。
  5. 働き方の改革、従事者の職場環境の充実
    広島銀行は、従事者の多様性、人格、個性を尊重する働き方を実現するとともに、健康と安全に配慮した明るく働きがいのある職場環境を確保する。
  6. 環境保全活動への取組み
    広島銀行は、瀬戸内海をはじめとする郷土の豊かな自然環境を守り、将来の世代に、より良く引き継いでいくために、資源の効率的な利用や廃棄物の削減を実践するとともに、環境保全に寄与する金融サービスを提供する等、環境保全活動に積極的かつ継続的に取り組む。
  7. 社会参画と発展への貢献
    広島銀行は、地域社会とともに歩む良き企業市民として、社会貢献活動に取り組むとともに、積極的に社会に参画し、その発展に貢献する。
  8. 反社会的勢力等との関係遮断、テロ等の脅威への対応
    広島銀行は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力等とは、他社(信販会社等)との提携による金融サービスの提供などの取引を含め一切の関係を遮断する。万一、不当要求等があった場合には、警察当局等と連携のうえあらゆる法的手段を講じ断固として対決する。また、国際社会がテロ等の脅威に直面している中で、マネー・ローンダリング対策およびテロ資金供与対策の高度化に努める。
  9. 透明な経営、社会とのコミュニケーション
    広島銀行は、ディスクロージャーの充実による経営情報の効果的かつ公正な開示と、銀行を取り巻く幅広いステークホルダーとの建設的な対話を通じて、経営の透明性を高めるとともに、自らの企業価値の向上を図り、社会からの理解と信頼を確保するべく、広く利用者意見を反映した経営を行う。

1998年9月28日制定
2008年3月10日改正
2013年5月10日改正
2014年3月14日改正
2017年6月30日改正
2019年1月1日改正