金利のタイプはどんなものがあるんですか?

基本は、固定と変動の2種類です。〈ひろぎん〉では3つのタイプをご用意。お客さまのプランに合わせて、お選びください。

  全期間
固定金利型
変動金利型 固定・変動
選択型
こんな方に
おすすめ

長期的に資金計画を考えたい方。

金利の動向をタイムリーに活かしたい方。

当面の返済額を確定させながら、将来の金利動向を見極めたい方。

イメージ図

全期間固定金利適用にされた場合。

全期間固定金利型

変動金利型

固定金利期間終了後、再び固定金利を選択された場合。

固定・変動選択型
適用金利

完済まで変わりません。

半年ごとに見直し。

基準日は、毎年4月1日と10月1日です。

3・5・10年いずれかの一定期間だけ金利を固定。

固定金利期間終了後には変動金利型となりますが、その時点の固定・変動選択型金利(3年・5年・10年)を選択することもできます。[別途手数料5,400円(消費税込)が必要です]
返済額

完済まで変わりません。

5年ごとに見直し。

ただし、元利均等返済の場合、変更前の返済額の125%を超えることはありません。

固定金利期間終了後に見直し。

適用金利の変更による返済額の増減に限度はありません。
メリット

返済額が変わらないので安心。

当初借入時に最終日までの返済額を確定できます。

金利次第で返済額が減少。

返済中に金利水準が下がるとそれに合わせて返済額も減少します。

当面の返済額が確定できる。

一定期間の金利が確定しています。お客さまの金利観に合わせて3年~10年間の固定金利期間が選べます。
デメリット

金利がやや高めの設定。

他の金利タイプにくらべて、一般的に金利水準が高くなります。

金利次第で返済額が増加。

将来の返済額が確定しません。金利水準が上がると、それにあわせて返済額も増加します。

固定金利期間以降のプランが立てにくい。

当初借入時に固定金利期間終了後の返済額が確定しません。

〈ひろぎん〉なら、金利プランを自由に組み合わせることができます。

住宅ローンのお借り入れ金を分散し、お客さまの金利観に応じて、固定・変動選択型、全期間固定金利型を自由に組み合わせることができるサービスです。

◎4つの固定金利を自由に組み合わせられます。

◎4つの固定金利を自由に組み合わせられます。

◎たとえば、こんな組み合わせ(1,500万円お借り入れされる場合)

◎たとえば、こんな組み合わせ(1,500万円お借り入れされる場合)

※実際の金利情勢により組み合わせいただけますので、ここに記載の例がお得な組み合わせとは限りません。

【ご注意ください】

  • 組み合わせる各固定金利期間毎の借入金額は500万円以上となります。
  • 本サービスに伴う手数料は不要です。通常の住宅ローン1件分の取扱手数料[54,000円(消費税込み)]のみ必要となります。ただし、「フラット35 手数料定率タイプ」を組み合わせる場合は「フラット35 手数料定率タイプ」の取扱手数料となります。

▲ ページトップへ

TOPへ 次へ