退職・セカンドライフ

データで知る!セカンドライフ資金の目安

老後の生活資金については、まだ先のことだし、もう少し後で考えればいいかなと思いがち。
しかし、自分らしいセカンドライフを送るには、早めの準備が大切です。
まずは、老後の生活費を確認してみましょう。

  • 老後に必要な生活費
  • 老後に最低限必要な生活費・・・・・月平均22.3万円
  • ゆとりある生活費・・・・・・・・・・・・・・月平均36.6万円

(出所)(財)生命保険文化センター「平成22年度 生活保障に関する調査」

  • 年金以外で必要な額

平均年金月額は国民年金で約5.3万円、厚生年金では約15.7万円といわれていますので、年金以外で毎月約7~18万円、ゆとりある生活を送るには、さらにプラス約15万円が必要となります。

(出所)社会保険庁「平成19年度社会保険事業の概況」

退職・セカンドライフにおけるマネープランのポイント

〈ひろぎん〉がマネープランのポイントと実現に最適な商品・サービスをご紹介します。

Point1.ゆとりあるセカンドライフに向けて、貯蓄性が高く、着実に貯めていける商品を選ぶことが大切です。

〈ひろぎん〉ではゆとりあるセカンドライフを実現するための各種商品をご用意しています。

豊かなセカンドライフに向けた備えとして、月々積立てができる「自動積立定期預金」や「年金保険(平準払)」はいかがでしょうか。

お勤め先が財形貯蓄制度を導入されている場合、「財形年金預金」もおすすめです。預金利息が非課税で、給与からの天引きですので、着実に貯めることができます。

自営業の方やお勤め先に企業年金制度のない方は、「確定拠出年金制度(個人型)」をご検討ください。年金を自分で育てる楽しみがあり、税金面でも貯蓄より有利です。
その他「ふやす」積立型の商品としては「積立投資信託」、「純金積立ゴールド「浪漫」」があります。

ポイントに戻る

Point2.年金に関する疑問や不安を解消し、年金制度を正しく理解することが大切です。

〈ひろぎん〉年金サポートサービスなら、年金に関するご相談からお受取り後までフルサポート。

年金制度、お受取りの手続きについてわからないこと、不安なことはありませんか?
年金に関するご相談からお受取り後のライフプラン設計、お得な特典提供など、「年金サポートサービス」で皆さまのセカンドライフをサポートします。

これから年金お受取りの準備をされる方は、「年金受取りご予約サービス」をおすすめします。さらに、こちらにお申込みいただくと、金利がお得な「年金定期預金[ナイスライフ]」がご利用いただけます。
その他、ご不明な点は「年金よろず相談会」でお気軽にお尋ねください。専門のスタッフがわかりやすくご説明いたします。

ポイントに戻る

Point3.退職金などまとまったご資産は分散投資を心がけ、運用方法をじっくりと考えましょう。

まずは、お気軽に相談ください。〈ひろぎん〉が資産設計をお手伝いします。

まずは、金利がお得な「退職金専用定期預金」で3ヶ月退職金を増やしながら、その間にじっくり資産設計を考えてみませんか?

〈ひろぎん〉では運用商品として、「しっかりためる」商品から「かしこくふやす」商品まで、さまざまな「資産運用商品」を取り揃えております。

運用方法をご検討の際は、休日にご相談いただける「資産運用相談会」や、皆さまの「知りたい」「気になること」を専門家がわかりやすくご説明する「資産運用セミナー」も開催しておりますので、ぜひご参加ください。

ポイントに戻る

Point4.大切な資産の管理もお忘れなく!

〈ひろぎん〉は大切な資産をしっかりと守ります。

これからの大切な資産の管理はプライベート・バンキング・サービスにお任せ下さい。「相続対策」「不動産活用」などについてはお近くの〈ひろぎん〉窓口までお気軽にご相談ください。

また、家族の写真や手紙など、お金以外にも失いたくないものはたくさんあります。
それらの大切なものを〈ひろぎん〉の「貸金庫」でお預かりします。「〈ひろぎん〉トータルポイントサービス」第3ステージ以上なら年間利用手数料もお得です。

ポイントに戻る

Point5.セカンドライフをより豊かに過ごしたい。

〈ひろぎん〉の充実したサービスでセカンドライフをしっかりサポートします。

〈ひろぎん〉では、金融に関する情報、サービスだけでなく、趣味・旅行・健康など幅広いジャンルの情報を発信する会員組織「〈ひろぎん〉活彩倶楽部」を通じて皆さまのセカンドライフを応援します。

〈ひろぎん〉PASPY」なら、生涯学習講座「ひろしまカレッジ」の受講証としてもご利用いただけます。

豊かなセカンドライフのための万一への備えもお忘れなく。
〈ひろぎん〉では医療・がん・介護など、セカンドライフをサポートする「各種保険商品」を用意しています。

ポイントに戻る