広島銀行 新卒採用サイト2019

  1. Facebook
  2. YouTube

menu

広島銀行 新卒採用サイト2019広島銀行 新卒採用サイト2019

  1. Facebook
  2. YouTube

menu

総合企画部 デジタルイノベーション室
室長 石原和幸

少子高齢化や東京一極集中といった社会現象とともに、マイナス金利政策による貸出金利の低下など、地方銀行を取り巻く環境が極めて厳しい現在、状況打開のための新ビジネス構築が急がれます。「新たなサービス展開の強化」は、広島銀行の主要戦略の一つ。金融サービスと情報技術を組み合わせたサービス「FinTech(FinanceとTechnologyを合わせた造語)」を中心としたICTへの取り組みを進めている、デジタルイノベーション室の石原和幸(いしはら かずゆき)室長にお話を伺いました。

ICT×金融を組合せた
新たな価値の創造へ

ICT×金融を組合せた新たな価値の創造へ

デジタルイノベーション室は2018年2月、「金融のデジタル化」の中核を担う組織として立ち上がりました。デジタルイノベーション室のミッションは、新技術の活用により新たな価値を生み出すこと。新たなビジネスモデルの企画・立案・推進や、ビッグデータ分析等のマーケティング高度化に向けた企画・推進、新たなテクノロジーの調査・研究・活用を担当しています。当行は他行に比べ取り組みは早いのですが、新しい技術やサービスをすぐに取り入れればよいのではなく、その技術やサービスに本当に価値があるのかの見極めが必要となっています。

課題克服に向け、
トライアルを繰り返す

課題克服に向け、トライアルを繰り返す

新技術により、行内の経費削減や時間捻出などの業務効率化と、顧客への新サービスの創出や既存サービスの高度化による営業収益の向上を実現させようとしています。ここでいう新技術とは、実用化・商品化までの時間的・技術的課題が大きく、推進面・管理面双方から、全行的見地での基礎研究・実用検証等を要します。これまでにAI・ロボティクス技術では、AIを活用した対話式自動応答機能の導入や、融資審査の高度化をトライアル実施。クラウド・モバイル技術ではスマホアプリ・Webサービス開発・実装用クラウド基盤を導入した他、ブロックチェーン技術を活用した「内外為替一元化コンソーシアム」へ運営幹事行として参画したり、新サービスの開発を目的としたビジネスモデルコンテスト「アイデアソン」を実施したりしています。

新サービスの確立へ求められる専門性

新サービスの確立へ
求められる専門性

現在金融界で提供されているFinTechサービスで、普及が進み誰もが利用している標準的なものはありません。メガバンクやFinTech企業各社とも試行錯誤の連続で、答えが出るまでに、もう2~3年かかると予測しています。
当行の新サービスを確立させるためには、FinTechに対応した組織を作ることと、専門分野での能力が長けた人を配置することが必要です。現在、デジタルイノベーション室にはIT業界出身のエキスパートや、理系出身の若手などが所属。まだまだ専門的な人材が不足しており、即戦力として経験と技術のある人を求めています。そのためには、我々の存在を、もっと外へアピールしないといけませんね。就職希望者や若手行員にこそ、知ってもらいたい事業です。

新サービスの確立へ求められる専門性

未来へつづく

  • ICTを活用した、
    銀行の新たな価値創造
    新事業開発の仕事
    新事業開発の仕事
  • 資産運用で、
    お客様の明るい未来を描く
    アセットメネジメントの仕事
    アセットメネジメントの仕事
  • 企業を知るのに大切なのは、
    数字だけじゃない
    業性評価の仕事
    事業性評価の仕事