広島銀行 新卒採用サイト2019

  1. Facebook
  2. YouTube

menu

広島銀行 新卒採用サイト2019広島銀行 新卒採用サイト2019

  1. Facebook
  2. YouTube

menu

法人企画部 事業性評価推進室
係長 迫広 謙一

「事業性評価」とは、企業の事業内容や成長可能性までを適切に評価し、融資や助言を行い企業や産業の成長を支援することを言います。企業の成長は地域経済の発展に寄与するものであり、各金融機関はこの「事業性評価」への取り組みを積極的に行っています。
そこで、広島銀行における事業性評価への取り組みについて、法人企画部事業性評価推進室の迫広謙一(さこひろ けんいち)さんにお話しを 聞きました。

お客さまの経営課題解決に向けた
取り組みをサポート

お客さまの経営課題解決に向けた取り組みをサポート

一般的な「事業性評価」の取り組みとしては、特に企業の「強み」・「弱み」を経営者等とのヒアリングを通じて適切に理解することに注力されているように思います。当行では、そこから顕在化した経営課題をお客さまと共有し、課題解決のお手伝いをするところまでを「事業性評価」と位置づけています。
経営者や従業員の方々との対話を繰り返すことで経営課題を共有し、お客さまと一緒に課題解決に向けた取り組みを行っています。

本支店一体となり
お客さまの窮地に素早く対応

本支店一体となりお客さまの窮地に素早く対応

ある造船会社のことですが、受注した船がキャンセルになったことで、業績が厳しい状態になってしまったことがありました。そこでまず、営業店と本部が一緒に定性面(事業内容)の深堀りを行いました。経営者だけでなく現場担当者やお客さまのユーザーにまでヒアリングを行い、どこに「強み」や「弱み」があるのか、解決すべき課題は何か、について浮き彫りにしていきました。その課題解決に向けたご支援を本支店一体となって実施、3年間で業績回復を果たされたあとも、そのサポートを継続しています。
瀬戸内には造船業や海運業を営むお客さまが多いことから本店部に専門チームを置き、知見を長い間蓄積してきたことも、素早い対応につながったのだと思います。

融資が最終目的ではない。お客様と供に歩んでいくコンサルティングへ

融資が最終目的ではない。
お客様と共に歩んでいく
コンサルティングへ

当行では、コンサルティング営業の推進を重点施策の1つとして捉え、各種行内研修の中に事業性評価のカリキュラムを入れ、行員のスキルアップに取り組んでいます。また、事業性評価推進室では、実際にコンサルティング営業を行う営業店の側面支援にも注力するなど、本支店が一体となった取り組みを行っています。
企業に寄り添い、お客さまの夢も課題も共有し、課題解決に踏み込んでいくことが広島銀行の使命。そこに価値があるのだと考え、事業性評価の推進に取り組んでまいります。

融資が最終目的ではない。お客様と供に歩んでいくコンサルティングへ

未来へつづく

  • ICTを活用した、
    銀行の新たな価値創造
    新事業開発の仕事
    新事業開発の仕事
  • 資産運用で、
    お客様の明るい未来を描く
    アセットメネジメントの仕事
    アセットメネジメントの仕事
  • 企業を知るのに大切なのは、
    数字だけじゃない
    業性評価の仕事
    事業性評価の仕事