広島銀行 新卒採用サイト2019

  1. Facebook
  2. YouTube

menu

広島銀行 新卒採用サイト2019広島銀行 新卒採用サイト2019

  1. Facebook
  2. YouTube

menu

本店営業部 コンサルティング営業課
コンサルティングアドバイザー 三島 愛奈

アセットマネジメント部 プライベートバンキング推進室
チーフプライベートバンカー 新井 謙一

アセットマネジメントとは、株式、債券、預貯金などの資産(asset)を、投資先を分散させるなどしてより効率よく運用(management)すること。近年、特に相続関連のニーズが高まっており、当行でもアセットマネジメントの取り組みを強化していきます。
本店でコンサルティングアドバイザー(CA)として活躍する三島愛奈(みしまあいな)さんと、プライベートバンキング推進室でチーフプライベートバンカー(PB)を務める新井謙一(あらい けんいち)さんに、アセットマネジメントについて語ってもらいました。

どんなお客様がアセットマネジメントを
必要としていますか?

どんなお客様がアセットマネジメントを必要としていますか?

新井:PB推進室の業務に関わってまだ日が浅いのですが、税金対策、相続のための相談が多いです。

三島:コンサルティング営業課の中でも、私が担当をしているお客様は60~70代の方が中心。やはり相続に関する相談が多く、親の遺産相続についてお子さんから相談されることもあり、ニーズの高まりを感じます。

新井:また、個人のお客様のみならず、広島県内全体で後継者がいないという現実があり、事業継承の問題も今後増えていきそうです。「融資をする」ということは「決算書をいただく」ということ。これが銀行の強みです。決算書を精査することで、お客様の事業内容を深く理解して、事業継承についてもよりよいアドバイスをしていこうと思っています。

CAとPBが連携するのは
どんな時ですか?

CAとPBが連携するのはどんな時ですか?

三島:担当するお客様から、医療保険の見直しの相談があり、専門的な説明をPBにお願いしました。よりよい特約の提案と、現在の保険内容で良いものはそのまま残す、というアドバイスをしてもらい、お客様に大変満足していただけました。弊行のPBは、お客様にとって総合的なライフプランパートナーのような存在ではないでしょうか。

新井:各支店にて、事業継承や相続対策に関し専門性の高い相談があったとき、「営業店支援」という形でお手伝いをさせていただきます。PB側から支店へ「こんな事例があったので、同じようなお客様はいませんか?」と発信していくこともあります。

変化や時代のニーズに応える準備が大切

変化や時代のニーズに応える
準備が大切

三島:税法や税制対策はどんどん変わっていきますので、行内での資格や検定を随時取得していきます。自己啓発をサポートする体制が行内で整っているので、自信を持ってお客様にご提案ができます。

新井:どんなことを尋ねても、聞けば答えが返ってくるという信頼、そのための専門知識を持つ豊富な人材、対応のスピードこそが強み。今後も、PB推進室の強みを発揮し、多様化・複雑化する顧客ニーズに応えていきたいと思います。

変化や時代のニーズに応える準備が大切

未来へつづく

  • ICTを活用した、
    銀行の新たな価値創造
    新事業開発の仕事
    新事業開発の仕事
  • 資産運用で、
    お客様の明るい未来を描く
    アセットメネジメントの仕事
    アセットメネジメントの仕事
  • 企業を知るのに大切なのは、
    数字だけじゃない
    業性評価の仕事
    事業性評価の仕事