職員の声

Gコース/桑原 友樹 職員の声トップへ戻る

桑原 友樹 - 2008年入行 / 白島支店 法人融資 Gコース

トレーニー制度により、本店融資部で研修を体験。

当初は特に業種をしぼらず就活していましたが、大学で会計を学んだこともあり、徐々に金融業界に興味が湧いてきたんです。地元で法人顧客を相手に仕事をしたいと考え、ひろぎんへの就職を決めました。
入行後は個人融資を担当。3年間、住宅ローンやマイカーローンを検討の個人のお客さまに様々な提案を行いました。このスキルを基に、別の領域にもチャレンジしたい…と考えていた頃、当時の上司が行内トレーニー制度に推薦してくれたのです。行内トレーニー制度とは、職員の今後のキャリア開発につながる部署に異動し、一定期間の研修を受けられる制度のこと。私の研修先となったのは、本店の融資第二部でした。
本店の融資部は、ひろぎんと関わりのある様々な法人のお客さまの融資案件を担当します。地場の大手企業や上場企業などと商談を進める機会もあり、「法人顧客を相手に仕事をしたい」と考えていた私にとって、絶好の研修先と言えるでしょう。しかし、行ってみて最初に感じたのは「想像以上に難しい」ということでした。

△ページトップに戻る

先輩のような分析力・判断力を身につけたい。

まず融資における厳格な審査ルールを覚えなければなりません。そして個別の案件にあたるのですが、業種も事業環境も異なる企業の融資は、とてもマニュアル通りの対応で処理できるものではありません。特殊な事情や状況にも目を配りながら、一つひとつ判断する必要があります。そんな混み入った案件を、周囲の先輩はたやすくこなすんです。分析力・判断力に長けた先輩方を間近にできたことは、とても勉強になりましたね。いつか自分もあんな職員になりたいと、刺激を受けました。
半年の研修と、さらに半年の現場実習を終え、現在は白島支店で法人融資を担当しています。現場での融資は、やはり簡単ではありません。経済性を追求する以上、合理的に判断しなければいけないのは大前提ですが、それだけではうまくいかない。企業経営者の思いや信念まで汲み取らなければ、“生きた融資”は実行できない…そんなことを実感する毎日です。それだけに、融資が実行でき、お客さまから「おかげで助かった」と感謝された時は、充実感を味わえます。今後も、お客さまにもひろぎんにもメリットのある、Win-Winと言える提案をしていこうと思います。

[常に心掛けていること]合理性に加えお客さまの信念も汲み取り“生きた融資”を実行する。