職員の声

Gコース/松本 和也 職員の声トップへ戻る

松本 和也 - 2010年入行 / 本店営業部 渉外第一課 Gコース

笑顔とフットワークを大事に、お客さまとの関係を構築。

就職活動でひろぎんの会社説明会に参加した時は、思った以上にやわらかくてラフな雰囲気だったことに驚きました。もっと固い職場をイメージしていたのですが、先輩職員の方々はみんな情熱的で気さく。こういう金融機関でなら、自分も意欲を発揮できそうだ、と感じました。
入行後、西条支店に配属され、法人融資を2年間、その後エリア渉外を担当しました。西条支店のエリアでは中小企業や個人事業主のお客さまが多く、ほとんどの商談を社長と直接行います。ですから、提案内容にご納得頂ければ、その日でも決裁が頂けます。お客さまは自分より年齢も社会人キャリアも上の方々ばかりなので、知識や経験ではとてもかないません。その代わり、私はお客さまから要望されれば、すぐ動くフットワークの軽さを大事にしていました。
そしてお客さまと会う時は、常に笑顔で。どんな小さなこともお断りしない。そんな姿勢で、お客さまと良い関係を築くように心がけていました。小さな失敗はいろいろあったものの、多くのお客さまにかわいがって頂けたのは、私の姿勢が伝わったからだと思います。

△ページトップに戻る

融資のみならず、多彩な課題に応える機会が増えてきた。

今は本店営業部に異動し、法人のお客さまに様々な提案を行っています。本店営業部が受け持っているのは、上場企業や地場大手企業など、地域に影響力を持つお客さまばかり。商談でも社長に会えることは滅多になく、財務や経理の責任者が中心です。そうした方々は当然ながら、融資についてよくご存知なので、お客さまの要望を的確につかんだ提案でなければ、興味を示されることはありません。難しいですが、やりがいのある仕事です。最近は融資だけでなく、いろんなテーマについて意見交換することも増えてきました。例えば『地方創生』。縮小が進む地方の経済を活性化させるには、産業界のチャレンジが必要、という話がよく出てきます。単に融資を行うだけでなく、そうした声に応えるのもひろぎんの役割だと考えています。広島を中心とする地域の多彩なお客さまと取引関係にあるひろぎんには、多くの情報が入ってきます。その情報力が、地域活性化のきっかけとなるケースもあるでしょう。ひろぎんの総合力・情報力を、お客さまの課題解決に役立て、ひいては地域活性化に貢献していきたいですね。

[常に心掛けていること]お客さまに期待されている通りではなく期待以上の付加価値を提供する。