職員の声

Gコース/中村 浩伸 職員の声トップへ戻る

中村 浩伸 - 2003年入行 / 皆実町支店 融資管理 Gコース

お客さまと本音で会話できる関係を、日頃から築く。

お客さまの資金ニーズに対しお応えするのが法人渉外の役割…とは言え、常に資金ニーズが発生しているわけではありません。しかしそういう時こそ、お客さまと関係を深めるチャンスなんです。法人渉外を担当していた頃、私はいろんなきっかけを作っては、お客さまのもとを訪問していました。地元経済誌などでお客さまの企業名を見かけたら「○○誌を見ましたよ」と挨拶に出かける。あるいは、従業員の方に利用して頂ける住宅ローンなどのパンフレットや、ネットバンキングの話をしに行く。それらを題材にしながら、お客さまと多方面に渡る話をするんです。 そういった積み重ねがあって初めて信頼関係が生まれ、お客さまの本音を聞く機会も生まれます。そして、いざ資金ニーズが発生した時、「ひろぎんの中村に相談してみよう」と最初に思い出してもらえる存在になれるのだと思います。
普段からいろんな分野にアンテナを張り、情報を仕入れる。そうした情報を活用してお客さまと様々な会話をしながら、本音を話せる関係を築く。それがひろぎんに働く者にとって、大事ではないでしょうか。

△ページトップに戻る

資料ばかり見ていても、お客さまの実態はわからない。

今は責任者として、融資案件の管理に携わっています。部下によくアドバイスするのは「資料ばかりをうのみにするな」ということですね。もちろん、財務諸表などは融資を行う上で不可欠の情報ですが、そこにお客さまの全てが表れているわけではありません。私もキャリアが浅い頃は、資料ばかりを重視しがちでした。しかし、お客さまの実態や本音は、やはり直接会って話さないと出てこないもの。特に私たちは、地域に根を張り、地域のことを誰よりも知っている「ひろぎん」の看板を背負っているのですから。地域の人々の顔を見もせず杓子定規な判断を下すようなやり方は、ひろぎんのスタイルではありません。答えはお客さまのところにある。行き詰まったらお客さまの所に出かけろ、お客さまと話せ、と部下にはいつも言っています。
融資が無事に実行できると、お客さまの所に新しい工場が建ったり、あるいはお客さまの手がけるマンションが誕生したりして、街が賑やかになっていきます。そんな時「地域の活性化に貢献している」という実感を味わえますね。

[常に心掛けていること]ひたむきに、明るく、お客さまと向き合う。そうすれば、結果はついてくる。