職員の声

Gコース/山田 展弘 職員の声トップへ戻る

山田 展弘 - 2012年入行 / 己斐支店 個人ローン Gコース

お客さまの前では、新人もベテランも関係ない。

就活では漠然と「公益性の高い仕事がしたいな」と思っていました。故郷の広島に恩返ししたい、という気持ちが強かったんです。そんな中、ひろぎんに興味を持ったのは、説明会で「若いうちから活躍できる」という先輩職員の話を聞いたからです。例えば渉外担当になれば、若くても企業経営者と会って商談できます。地場に根ざし、地域発展のための様々なソリューションを手がけるひろぎんなら、幅広い提案ができる。そこに魅力を感じました。話をしてみると、とても熱い考えを持った先輩が多いとわかり、そうした人々と一緒に自分も地元を盛り上げたい!と思ったのも入行の動機になりました。
入行1年目は、窓口に立ち、来店されたお客さまへのご対応を担当しました。最初はやはり緊張しましたね。新人の私の話も、ベテランの先輩の話も、お客さまは等しく「ひろぎんの言うことだから間違えるわけがない」と思って聞かれます。その期待にしっかり応えなければいけません。そうした一つひとつの積み重ねが、ひろぎんと地域の信頼を築く基になっているのだな、と感じました。

△ページトップに戻る

トータルでバランスよくサポートできるのが強み。

現在は、個人のお客さまのニーズに合わせ、住宅・教育・マイカー等の融資パッケージをご案内する個人融資に携わっています。
特に力を入れているのは、住宅ローンの借り換え提案です。住宅ローンの場合、融資額は数千万円の融資額を、20年以上もの期間をかけて返済するのが一般的。そんなローンの利息が0.1%でも少なくなれば、お客さまにとっては大きなメリットです。そこでひろぎんならどういうメリットがあるのか、紹介するのです。
大事なのは、単に利息だけの話にしないこと。住宅ローンを返済する長い期間の中で、お客さまの生活は変化します。教育資金が必要になるかもしれないし、老後資金の積立を始めたいと思われるかもしれません。長い人生で発生する様々な資金の悩みに、トータルで、バランスよくお応えできるのが、ひろぎんの最大の強みです。お客さまの目線に立ち、トータルでお客さまのためになるプランを提案するようにしています。
最近「山田さんが担当で良かった」と言って頂けるお客さまも現れてきました。もっと努力して、地域に「ファン」を増やしたいですね。

[常に心掛けていること]お客さまと正面から向き合い、誠意を持って対応しひろぎんのファンをもっと増やす。