広島銀行 新卒採用サイト2019

  1. Facebook
  2. YouTube

menu

広島銀行 新卒採用サイト2019広島銀行 新卒採用サイト2019

  1. Facebook
  2. YouTube

menu

法人営業部 金融サービス室 自動車・エレクトロニクス関連担当
シニアマネージャー 上村 浩明

当行には、船舶ファイナンス部を含む5業種の専門チームがあります。その中の自動車チームでは、高い専門性を生かし、自動車業界の部品メーカー(サプライヤー)全体の経営改善支援や海外進出支援を積極的に行っています。法人営業部金融サービス室 自動車・エレクトロニクス関連担当の上村 浩明(うえむら ひろあき)シニアマネージャーにお話を伺いました。

営業店と連携してサプライヤーを支援

営業店と連携してサプライヤーを支援

地域No.1銀行として、広島の基幹産業を側面的に支援することは、非常に重要なミッションです。特に自動車業界は、地域に根差した産業クラスターを形成し、数多くのサプライヤーが存在します。私は本店営業部で勤務していた頃から、自動車関連事業と長く関わってきました。現在所属する法人営業部は営業店の支援セクションとして存在し、営業店と共に日々お客さまと対峙しています。営業店から相談を持ち込まれることもあれば、こちらからより深い顧客支援ができないか提案することも。経営改善支援や、海外進出・産学官連携の支援など、融資以外での付加価値をどれだけ提供できるかが、我々の存在価値となります。

広島の発展は、自動車業界の成長とともに

広島の発展は、自動車業界の成長とともに

不良債権処理に追われていた1990年代、当行はサプライヤーの財務面を見て、融資を実行していました。しかし、自動車業界では代替のきかない技術を持つサプライヤーは、財務内容が厳しくても経営再建まで踏み込んで支えなければいけません。財務内容だけを見るのではなく、産業クラスターにとって必要なのか否かといった定性情報を重要視する必要が出てきたのです。
平成13年1月、自動車関連業界の取引先の多様化・高度化に的確にお応えするため、自動車業界からの転籍者を迎えるなどして、「自動車関連対策室」を新設しました。専門家がサプライヤーの工場へ出向き、技術面を視察。これに銀行の財務分析を合わせ、「技術」「財務」の両面から企業を把握することに。リーマン・ショックなど急激な外部変化があっても、当行は軸がぶれることなく対峙することができました。これが、当行の事業性評価に繋がっていきました。

一法人ではなく、クラスター全体を包括的に見る力の重要性

一法人ではなく、クラスター全体を
包括的に見る力の重要性

当行は融資部に自動車関連審査担当、法人営業部に自動車関連担当を設置し、サプライヤーが集積した「クラスター全体」を取引対象としてとらえています。まずは、自動車業界の現状把握・動向分析を実施したうえで、個社の定性分析も踏まえ、海外進出等の課題を共有し、ソリューションを展開していきます。
当行が目指すコンサルティング機能の発揮に向けた態勢強化として、自動車業界の将来性や技術力に重きをおいた「目利き能力」や「提案力」のさらなる向上を目指し、人材を育成中です。そのため、行内にて目利き能力養成研修や事業性評価研修を積極的に行っています。

一法人ではなく、クラスター全体を包括的に見る力の重要性

地域とつながる

  • 地域に信頼され
    盛り上げていくのが使命
    広報の仕事
    広報の仕事
  • 「観光経営」に
    銀行がかかわる理由
    DMO(観光経営)の仕事
    DMO(観光経営)の仕事
  • 広島を代表する
    産業クラスターを支えて
    自動車関連の仕事
    自動車関連の仕事