広島銀行 新卒採用サイト2019

  1. Facebook
  2. YouTube

menu

広島銀行 新卒採用サイト2019広島銀行 新卒採用サイト2019

  1. Facebook
  2. YouTube

menu

法人営業部 金融サービス室 観光関連担当
マネージャー 弓削 慶昭

観光地を活性化させ、地域全体を一体的にマネジメントしていく法人、DMO(Destination Management Organization)。地域内の官民協働や広域的な地域連携により魅力ある観光地づくりを行う事業推進主体として、重要な役割が期待されています。2016年に発足した「せとうちDMO」の設立支援に携わった、弓削 慶昭(ゆげ よしあき)さんにお話を伺いました。

中四国地方7県の広域連携で、
「せとうちブランド」の浸透を図る

7県の広域連携で、瀬戸内ブランドの浸透を図る

瀬戸内地区では訪日外国人に長期滞在や回遊をさせる観光コンテンツ開発のため、2013年から瀬戸内を共有する7県がDMO設立へ向けての準備を開始。2016年4月、民間事業者とともに広域連携DMO「せとうちDMO」を発足させました。せとうちDMOは、自治体や民間事業者などで組織しマーケティング・プロモーションを策定実行する一般社団法人せとうち観光推進機構と、金融機関や民間事業者などで組織し観光関連事業者に事業開発支援や経営支援などを行う株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションの2社で構成されています。富裕層向けクルーズ船の造船や、古民家の宿泊施設等への改修など、地域のコンセプトに合致した観光関連事業者のプロダクト開発や事業拡大等の支援を実施しています。

地域のポテンシャルを高める
観光地域づくり支援

地域のポテンシャルを高める観光振興の旗振り役に

広島銀行は、2012年から法人営業部で観光振興について調査研究・検討を開始し、他行に先駆けてDMOの設立支援を進めてきました。8行の金融機関が中心となり出資している瀬戸内ブランドコーポレーションの事務局は当行に置かれ、とりまとめや合意形成を促進する重要な役割を担っています。瀬戸内ブランドコーポレーションでは、投資した事業会社に企画計画段階からアドバイスを実施し、コンサルティングを行っています。
広島は、宮島や平和記念公園などの世界遺産という観光資源があり、インバウンド観光の中心。いわば瀬戸内の集客装置。観光客に瀬戸内を回遊させる起点としての役割を担っています。広島は製造業がメインの産業構造です。これまで度重なる工場の海外移転で多くの雇用が失われる経験をしました。地域に根ざす観光を、これからの地域を支える成長産業と位置付け、当行は観光地域づくりを支援したいと思っています。

高まるCSRの重要性。使命感を胸に先頭に立つ

まちの歴史、ひとの歴史――
深い関わりが生み出す
ビジネスチャンス

DMO設立・実行支援は、一金融機関だけではできない枠組みです。地域に事業会社がいなければ事業者をセット(誘致・創業支援)するところから着手。町の歴史や文化、地元のキーマン、地域内でのリレーションを生かして、地域とともに観光開発を進めます。資金需要の吸収や、DMO設立後の実行支援なども含め、当行に蓄積された情報や人脈は大変重要です。
地方創生で機運が高まっている今、地方銀行としてもさまざまな取り組みを進めるチャンス。これだけ地域に深く関わり、市町や周辺企業、行政と共にプロジェクトを進めることは都市銀行にはできないでしょう。DMO支援は、関わるプレーヤーが多く合意形成が難しいのですが、だからこそ「広島銀行にしかできない」と、やりがいを感じています。

高まるCSRの重要性。使命感を胸に先頭に立つ

地域とつながる

  • 地域に信頼され
    盛り上げていくのが使命
    広報の仕事
    広報の仕事
  • 「観光経営」に
    銀行がかかわる理由
    DMO(観光経営)の仕事
    DMO(観光経営)の仕事
  • 広島を代表する
    産業クラスターを支えて
    自動車関連の仕事
    自動車関連の仕事