合同運用指定金銭信託 「HBトラスト」

合同運用指定金銭信託「HBトラスト」とはご留意点はこちら

複数のお客さまより金銭を信託財産として受託し、予め定めた運用方法(信託受益権、国債、預金等)により運用した成果を、信託配当としてお客さまにお支払いします。
信託の仕組みを活用し、リスクの細分化を行いローリスクを実現しています。

合同運用指定金銭信託「HBトラスト」とは

合同運用指定金銭信託「HBトラストの特長

point1

元本の安全性を重視しながら、収益の実現を目指します 「HBトラスト」は「格付Aを取得した金銭信託の受益権」を主たる運用対象とし、元本の安全性を重視しながら、収益の実現を目指す運用を行います。

商品説明

  • 店舗
商品名 HBトラスト
種別 実績配当型合同運用指定金銭信託
信託設定日 毎月25日前後
信託期間 2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、18ヶ月
信託金の運用方法 信託元金の殆どすべてを外部格付A格(R&Iファンド格付)を取得した信託受益権にて運用します
償還金の取扱い 普通預金(もしくは当座預金)に振込入金(自動継続扱いなし)
信託配当率 各ユニット毎に実績配当(募集時に予定配当率を提示)
予定配当率はこれを保証するものではありません
元本・収益の分配 償還時に元本・配当金の合計額を分配いたします
証書等の発行 設定日処理後、一括発行した信託取引報告書をお客さまの届出住所へ送付します
申込金額 500万円以上1,000円単位
税金 2013年1月1日から2037年12月31日までに受取る利息については、復興特別所得税が追加課税され、20.315%(2016年1月1日より法人のお客さまは15.315%)の源泉分離課税が適用されます。
中途解約 お取扱できません
お申込み・お取引

〈ひろぎん〉の窓口

店舗検索

お問い合わせ 〈ひろぎん〉の窓口または、信託担当へお問い合わせください。

■信託専用フリーダイヤル

  • フリーダイヤル0120-164-088
受付時間/平日9:00~17:00 (土・日・祝休日、大晦日、正月3が日は除く)

ご留意点

【金銭信託のリスク】
  • 金銭信託は、以下のリスクにより元本割れ、予定配当額の減少が生じるおそれがあります。
    (1) 主たる運用資産である金銭信託ファンドの信託受益権、及び当該金銭信託ファンドが運用対象とする信託受益権等が市場金利上昇等に伴い、その価格が下落したり、市場金利の低下により収益が減少した場合等《金利変動リスク》
    (2) 主たる運用資産である金銭信託ファンドの信託受益権に元本割れが発生する場合、及び当該金銭信託ファンドが運用対象とする信託受益権等の裏付けとなる金銭債権(自動車ローン等)に当初の予想を越えた貸倒等が発生した場合等《信用リスク》
    (3) 一時的に想定を超える大量の解約が発生し支払い準備金が著しく不足する場合《流動性リスク》
    (4) 主たる運用資産である金銭信託ファンドの信託受益権、及び当該金銭信託ファンドが運用対象とする信託受益権にかかる管理委託先や信託業務委託先の信用状況の悪化等が発生する場合等《管理委託先等にかかるリスク》
    ※詳しくは、契約締結前交付書面をご覧下さい。
【金銭信託取引に係る諸費用】
  • お預入れから償還までの間にご負担いただく費用は以下のとおりです。
    (1) 信託財産の中から信託報酬をいただきます。信託報酬は、信託元本に対して上限(年3%)・下限(年率0.01%)の範囲内とし、運用成果に基づき計算します。
    (2) その他、信託財産の中から租税公課等信託事務の処理に必要な費用を支払う場合があります。

※詳しくは、契約締結前交付書面をご覧下さい。

【その他の重要事項】
  • 金銭信託は預金と異なり元本および利益の保証はありません。
  • 中途解約はできません。(但し、やむを得ない事情により当行が認めた場合を除きます。中途解約される場合は、解約手数料がかかり、お受け取り額が当初お預入いただいた元本を下回ること(元本割れ)が発生することがあります。)
  • 預金保険、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 予定配当率はこれを保証するものではありません。
  • 信託期間満了による信託終了のほか、運用の状況により元本の償還が遅延または停止し、信託を終了する場合があります。

※ お客さまが暴力団員、暴力団関係者、および総会屋等の反社会的勢力に該当すると認められる場合は、申込を受付することはできません。
※ お取引にあたっては、総合的な判断に基づき、申込を受付できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

【商号等】

株式会社 広島銀行

金銭信託をご購入の際は、各商品の契約締結前交付書面の内容をよくお読みください。