年金保険

年金保険とはご留意点はこちら

ご確認いただく事項 保険募集指針

公的年金や企業年金を補うために、お客さまご自身で老後の生活費等を準備するための保険です。
将来のための「貯蓄」と万一の場合の「保障」を兼ね備えた保険です。

年金保険を選ぶ際のポイント

Point1. 保険の種類主には、運用実績によって受取年金額などが変動する「変額年金保険」、契約時に受取年金額が確定する「定額年金保険」があります。また、保険料を一括で払う「一時払いタイプ」や月払いなどの分割で払う「平準払いタイプ」、運用通貨が「円貨建て」や「外貨建て」のものがあります。

Point2.運用期間(保険料払込期間)最低運用期間が2ヶ月の商品から、12年の商品までさまざまです。お客さまのマネープランから、最適な運用期間の商品をお選びください。

〈ひろぎん〉の年金保険

  • 店舗

■変額年金保険

商品名
(各保険会社のホームページへリンクします)
引受保険会社 年金原資
保証
年金受取
総額保証
最低運用期間
【早期償還機能】
運用
(ファンド・株式比率)
商品の特長

現在、お取扱いを休止しています

第一フロンティア生命 あり   15年 市場環境の変動に応じて、機動的に資産配分を見直します 最低保証のある定期給付金と、運用成果に応じたボーナス金の受け取りが期待できる保険です
第一フロンティア生命 あり
(※)
  5年/10年

(*豪ドル建のみ)

市場環境の変動に応じて、機動的に資産配分を見直します 外貨建ての変額年金保険
積極的に収益の獲得をめざす「変額部分」と、契約時の積立利率で確実にふやす「定額部分」に分けて運用します。
日本生命 あり

※基本保険金額と同額が指定通貨建で最低保証されます

  10年/20年

※当商品においては当欄は据置期間を指します。

運用実績連動部分は、運用手法の異なる2つのポートフォリオを株式市場のトレンドに応じて機動的に切替えて運用します。 一時払保険料を「定率部分」と「運用実績連動部分」に分けて運用し、据置期間満了日におけるそれぞれの積立金額の合計額が年金原資となります。円建死亡保険金特約を付加することで、基本保険金額(一時払保険料)の円換算額を死亡保険金として最低保証することができます。
  • 年金原資保証・・・運用成果に関わらず、年金原資は払込保険料を最低保証します。
  • 年金受取総額保証・・・年金受取総額は、払込保険料を上回ります。
  • ※ 運用通貨建てでの保証となります。

■定額年金保険(一時払い)

商品名
(各保険会社のホームページへリンクします)
引受保険会社 年金原資
保証
年金受取
総額保証
最低運用期間
【早期償還機能】
運用
(ファンド・
株式比率)
商品の特長
メットライフ生命 あり
(※)
  3年~ - 外貨建ての定額年金保険
マスミューチュアル生命   あり 0年~ - 最短で契約日の2ケ月後から年金受取可能
  あり
(※)
0年~ - 外貨建ての定額年金保険
  • 年金原資保証・・・運用成果に関わらず、年金原資は払込保険料を最低保証します。
  • 年金受取総額保証・・・年金受取総額は、払込保険料を上回ります。
  • ※ 運用通貨建てでの保証となります。

■定額年金保険(平準払い)

商品名
(各保険会社のホームページへリンクします)
引受保険会社 年金原資
保証
年金受取
総額保証
保険料払込期間 運用
(ファンド・
株式比率)
商品の特長

現在、お取扱いを休止しています

東京海上日動あんしん生命   あり 12年~ - 平準払の定額年金保険
明治安田生命   あり 10年~ - 平準払の定額年金保険
住友生命   あり 10年~ - 平準払の定額年金保険
マニュライフ生命     15年~ - 平準払の外貨建定額年金保険
  • 年金原資保証・・・運用成果に関わらず、年金原資は払込保険料を最低保証します。
  • 年金受取総額保証・・・年金受取総額は、払込保険料を上回ります。

お知らせ

保険相談窓口 保険相談Wプレゼントキャンペーン
お申込み

〈ひろぎん〉の窓口

店舗検索

お問い合わせ 〈ひろぎん〉の窓口または、アセットマネジメント部へお問い合わせください。

■アセットマネジメント部

  • フリーダイヤル0120-164-086
受付時間/平日9:00~17:00  (土・日・祝休日、大晦日、正月3が日は除く)


ご留意点

【個人年金保険・一時払終身保険・外貨建平準払養老保険のリスク】
  • 個人年金保険および一時払終身保険、外貨建平準払養老保険には、広島銀行による元本および利回りの保証はありません。
  • 変額年金保険の場合、特別勘定は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額、解約返戻金額等の増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は払込保険料を下回ることがあり、損失が生じる可能性があります。 これらの投資リスクは個人年金保険をご契約のお客さまが負うことになります。
  • 外貨建定額・変額年金保険および外貨建一時払終身保険、外貨建平準払養老保険は、為替相場の変動による影響を受けますので、死亡保険金、解約返戻金、年金等の円貨額が契約時の払込円貨額を下回る場合があり、損失が生じる恐れがあります。
  • 定額・変額年金保険および一時払終身保険の中には、運用資産(債券等)の価値の変化を解約返戻金に反映させるものもあるため解約時の金利動向によって解約返戻金が一時払保険料を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。具体的には、解約時点の市場金利が、契約時点よりも高くなると市場価格は下落し、逆に、市場金利が契約時点よりも低くなると市場価格は上昇します。したがって、解約返戻金は市場金利の状況により増減することとなります(市場価格調整のある商品の場合)。
【個人年金保険・一時払終身保険・外貨建平準払養老保険取引に係る諸費用】
  • 契約時費用:保険の新契約締結などに必要な費用です。
  • 保険関係費用:死亡給付金、災害死亡給付金等の契約締結や維持などに必要な費用です。
  • 資産運用関係費用:特別勘定の運用に係る費用で、投資信託の信託報酬などがあります。
  • 年金管理費:年金支払および相続年金支払の管理にかかる費用です。
  • 解約控除:契約日から一定期間内に解約・一部解約された場合にかかる費用です。

※上記のほかに、当行が扱う保険は、上記の費用以外にも特約を付加した場合の費用や為替レートに関する費用等商品ごとにかかる費用は異なります。ご負担いただく費用の項目、費用率、計算方法(合計する方法も含む)等は各商品によって異なりますので、一律の算出方法を掲載することができません。詳細は契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)兼商品パンフレット」にてご確認ください。

【その他の重要事項】
  • 契約中の年金保険および一時払終身保険、外貨建平準払養老保険を解約した場合、解約返戻金を受取れますが、その金額は払込保険料より少なくなることがあります。
  • 保険会社の破綻や財産状況の変化により、給付金額、解約返戻金額、将来の年金額等が削減されることがあります。預金保険の対象ではありません。
  • 現在加入済の契約を解除し、新規に契約を締結する場合、お客さまにとって不利益となることがあります。

※ お客さまが暴力団員、暴力団関係者、および総会屋等の反社会的勢力に該当すると認められる場合は、申込を受付することはできません。

※ お取引にあたっては、総合的な判断に基づき、申込を受付できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ 当資料は商品・制度・サービスの概要を説明したものです。ご検討にあたっては、必ず「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)兼商品パンフレット」と「例表または提案書」をあわせてご覧ください。

【商号等】

株式会社 広島銀行

個人年金保険および一時払終身保険、外貨建平準払養老保険をお申込みの際は、各商品の契約締結前交付書面の内容をよくお読みください。