お知らせ

2018年12月25日更新
(2018年12月12日)

「全銀EDIシステム」への対応及びサービスご利用規定の改定について

広島銀行では、企業間送金の新システム「全銀EDIシステム(ZEDI)」へ以下の通り対応いたしますので、ご案内申し上げます。

1. 「全銀EDIシステム(愛称:ZEDI(ゼディ))」の概要について

 全銀EDIシステムとは、法人や個人事業主が利用する総合振込において、振込に関する様々な情報(支払通知番号・請求書番号など)を受取企業に送信することを可能とする、全国銀行協会のシステムであり、2018年12月25日より稼動いたします。
 本システムを利用することにより、複数の請求がまとめて振り込まれた場合でも、どの請求に対する振込であるかが明確にわかるため、受取企業側での売掛金の消込作業が効率化され、事務負担と人件費等のコストの削減が期待されます。

◎全銀EDIシステムの詳細につきましては全国銀行協会のホームページをご覧ください。

https://www.zenginkyo.or.jp/abstract/efforts/smooth/xml/

2. 当行における対応について

  1. 全銀EDIシステムへの接続開始 【開始日:2018年12月25日】

     全銀EDIシステムの稼動にあわせ、当行においても以下のサービスを対象に、2018年12月25日より全銀EDIシステムへ接続いたします。また、本件にあわせ、サービスご利用規定を改定いたします。改定内容についてはこちらをご覧ください。
    *全銀EDIシステムのご利用にあたっては、サービス毎に手続き等が異なりますのでお取引店までお問い合わせください。

    <対象サービス>

    • いずれもデータ伝送が対象となります。
  2. データ伝送における入出金明細・振込入金明細の取扱開始 【開始日:2018年12月25日】

     全銀EDIシステムの接続開始にあわせ、ビジネスWebサービスのデータ伝送サービスにおいて、入出金明細・振込入金明細を取扱開始します。
    *ご利用にあたっては、書面によるお申込みが必要となります。

【サービス内容】

  • ご指定の口座の入出金・振込入金明細をファイル形式にて取得・照会できるサービスです。
    対応ファイル形式は、全銀協形式・CSV形式・XML形式となります。
  • 全銀EDIシステムを利用せず、本サービスのみの利用も可能です。その場合は全銀協形式・CSV形式でのファイル取得・照会が可能です。
  • 入出金明細、振込入金明細のどちらかをご選択いただきます。
  • 平日9:00~21:00の30分毎に明細データが画面反映されます。(照会・振込サービスと異なり、リアルタイム反映ではございません)
    画面反映された明細は勘定日より100日間、24時間ファイル取得・照会可能です。

広島銀行ではホームページ(https://www.hirogin.co.jp/)をリニューアルいたしました。
お使いのブラウザ・バージョンによっては、正しく表示されないことがございます。
その場合、インターネットバンキングをご利用のお客さまは、画面下のログインボタンよりお進みください。
このまま、ご覧いただくには、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページにお進みください。

インターネットバンキングをご利用の際に、ホームページが正しく表示されない方は、
こちらのボタンから「ログイン」してください。