ご利用いただける商品・サービスについて

以下の商品・サービスはひろぎんカープ支店でもご利用いただけます。
ご利用いただける商品・サービス
ご利用方法
ご利用方法
ATM
ご利用方法
ATM
ご利用方法
ご利用方法
ご利用方法
インターネット
ATM
ご利用方法
インターネット
ご利用方法
インターネット
お電話
ご利用方法
インターネット
ご利用方法
インターネット
お電話

※1ATMでは「振込」のみとなります。

※2ATMでは「残高照会」のみとなります。

※3お取扱いできる収納機関は、当行所定の先となります。また、〈Pay-easy〉マークのある払込書が対象となります。
(マークがあってもお取扱いできないものがあります。)本サービスにて払込んだ場合、領収書は発行できません。

※4常勝カープ応援定期預金はインターネットのみご利用いただけます。

※5「プレミアム・プラス」のご留意点はこちら

※6スマートフォンからは「残高照会」のみご利用いただけます。

※7外貨預金取引のご留意点はこちら

※8お電話(テレホンバンキング)からは「解約・残高照会」のみご利用いただけます。

※9投資信託取引のご留意点はこちら

※10お電話(テレホンバンキング)からは「投資信託の売却・残高照会・注文照会・基準価額照会」のみご利用いただけます。

※11ひろぎんカープ支店で取扱いの証書貸付型無担保ローンは「〈ひろぎん〉バリューローン予約型 マイカーローン・教育ローン」となります。

※12お取扱いできる収納機関は、当行所定の先となります。

※13当行所定の提携サイトにおけるサービス・商品代金等のお支払いに限ります。

スマホアプリ(アプリ方式)からお申込みで、お届け印のご登録がない場合は、書類に押印が必要なお取引についてはお受付できません。お届け印のご登録後お申込みください。

0120-93-1645

ひろぎん カープ支店に関するお問い合わせ

0120-93-1645

0120-93-1645

平日 9:00~17:00(銀行休業日は除く)

「プレミアム・プラス」についてのご留意点

ご留意点

〈ひろぎん〉満期日繰上特約付定期預金「プレミアム・プラス」のリスク

  • 本商品は中途解約ができないため、預入期間中に金利が上昇する場合でも、他の商品に乗り換えることはできません。結果として、本商品での運用が不利なものとなる可能性があります。
  • 満期日が繰上げられた場合、他の満期日繰上特約の付いていない同期間の固定金利商品と比べて、運用が不利となる可能性があります。
  • 本商品の中途解約はお受けできませんが、当行がやむを得ないものと認めて、当行合意の上で本商品の中途解約をお受けした場合、中途解約日から満期日までの期間に対応する同条件の預金を新たに調達し、内在するデリバティブを再構築する必要があり、中途解約時点での市場価格で計算された再構築額を中途解約損害金として、お客さまにご負担いただきます。この場合、結果としてお受取金額が預入時の払込金額を大幅に下回ることがあります。中途解約損害金については、「市場の金利水準」等によって大きく変動します。一般的には、預入時の市場金利と比べて、中途解約時の市場金利が上昇しているほど、中途解約損害金は高くなる傾向にあります。(損害金の計算方法については、店頭にご用意している「お申し込みにあたって」(契約締結前交付書面)をご覧ください)

〈ひろぎん〉満期日繰上特約付定期預金「プレミアム・プラス」取引に係る諸費用

  • 預入にかかる諸費用はありません。

その他の重要事項

  • 本商品は、預金保険の対象であり、当行にお預入れいただいている他の預金保険の対象となる預金等と合算して、元本1,000万円までと保険事故発生日までの利息が保護されます。ただし、本商品の利息等については、お預入れ時における通常の円定期預金(本商品と同一の期間および金額)の店頭表示金利※までが預金保険の対象となり、それを超える部分は預金保険の対象外となります。
    ※プレミアム・プラスと同一の期間および金額に応じて、スーパー定期、スーパー定期300、大口定期の各金利を適用する。
  • 本商品は、お客さまが満期日を選べません。預入日の1年後において、本商品の満期日を当初満期日とするか、満期日を繰り上げる(1年)かは、市場金利の状況に基づき当行が決定します。
    ※満期日選択権行使判定日に、預入時と比べて市場金利が低下している場合には、満期日が繰上満期日となる可能性が高く、反対に、市場金利が上昇している場合には、満期日が当初満期日となる可能性が高くなります。
  • 本商品申込に際して預入日の前日までは、当行所定の無利息型の別段預金に預入します。
  • 本商品は、市場環境等の急変により金利が低下した場合や商品組成に必要な募集額に満たない場合、募集を中止する場合があります。※お客さまが暴力団員、暴力団関係者、および総会屋等の反社会的勢力に該当すると認められる場合は、申込を受付することはできません。※お取引にあたっては、総合的な判断に基づき、申込を受付できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

商号等

株式会社 広島銀行

満期日繰上特約付定期預金「プレミアム・プラス」にお預入の際は、契約締結前交付書面の内容をよくお読みください。

外貨預金についてのご留意点

ご留意点

外貨預金のリスク

  • 本商品には、為替変動リスクがあります。従って、為替相場の変動により、お受け取りの外貨元利金を円換算すると、当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  • 為替相場に変動がない場合でも、往復の為替手数料(例えば、1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1英ポンドあたり8円)がかかるため、受取時の円貨額が預入時の払込円貨額を下回ることがあります。

外貨預金取引に係る諸費用

  • 円を外貨にする際(預入時)及び外貨を円にする際(引出時)は手数料(例えば、1米ドルあたり1円、1ユーロあたり1円50銭、1英ポンドあたり4円)がかかります。お預入れ及びお引出しの際は、手数料分を含んだ為替相場である当行所定のTTSレート(預入時)、TTBレート(引出時)をそれぞれ適用します。
    ※10万米ドル相当額以上のお取引の場合は、TTSレート、TTBレートにかかわらず、預入時点の市場実勢為替相場をもとに手数料を含んだ適用相場を別途決定します。
  • 外貨のままお預け入れ、お引き出しの場合には、当行所定の手数料がかかります。
    ※手数料の詳細は、各商品の契約締結前交付書面をご覧下さい。

その他の重要事項

  • 外貨預金は、預金保険の対象ではありません。
  • 商品によっては解約に関する制限等がありますので、詳しくは、各商品の契約締結前交付書面をご覧下さい。
    ※ お客さまが暴力団員、暴力団関係者、および総会屋等の反社会的勢力に該当すると認められる場合は、申込を受付することはできません。
    ※ お取引にあたっては、総合的な判断に基づき、申込を受付できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

商号等

株式会社 広島銀行

外貨預金にお預入の際は、契約締結前交付書面の内容をよくお読みください。

投資信託についてのご留意点

ご留意点

投資信託のリスク

  • 投資信託は、株式や債券等、有価証券に投資しますので、組入有価証券の価格下落や、組入有価証券の発行体の財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。従って、ご投資家の皆さまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、元本を割り込むことがあります。また、外貨建て資産に投資する場合には、為替の変動により損失を被ることがあります。
  • 投資信託の基準価額の変動要因としては、ファンドごとにさまざまな「リスク」があります。
    ※ファンド毎にリスクは異なりますので、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

投資信託取引に係る諸費用

  • 投資信託のお申込時にはお申込手数料(基準価額に対し最大3.30%[税込/1万口あたり])、運用期間中には信託報酬(信託財産の純資産総額に対し最大2.254%[税込])やその他費用を間接的にご負担いただくほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。また、換金に際して所定の手数料や信託財産留保額(換金時の基準価額に対し最大1.0%)などをご負担いただく場合があります。
    ※ファンド毎に手数料等は異なりますので、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

その他の重要事項

  • 投資信託は、預金保険の対象ではありません。
  • 広島銀行で販売する投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
    ※お客さまが暴力団員、暴力団関係者、および総会屋等の反社会的勢力に該当すると認められる場合は、申込を受付することはできません。

    ※お取引にあたっては、総合的な判断に基づき、申込を受付できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

商号等

株式会社 広島銀行 登録金融機関 中国財務局長(登金)第5号

加入協会

日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会

投資信託をご購入の際は、各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「投資信託のお申込みにあたって」の内容をよくお読みください。