リスク管理

リスク管理の基本的な考え方

銀行が、お取引先の皆さまからの信頼にお応えするためには、様々な「リスク」に的確に対処することにより、経営の健全性を維持・向上しつつ、適切な収益を確保し、安定的な経営を行っていく必要があります。
当行では、リスクを的確に管理するため、取締役会で定めた「統合的リスク管理規程」に基づき、毎期のリスク管理方針を決定し、各種リスクを統合的に管理しております。

リスク管理体制

主要なリスクである信用リスク、市場リスク、流動性リスク、オペレーショナルリスクの管理については、それぞれの管理部署を明確化し、リスク統括部が全行のリスク管理を統括して一元的な管理を行っております。また、「統合的リスク管理委員会」を設置するとともに、監査部がリスク管理体制の適切性・有効性を定期的に監査し、多様化・複雑化するリスクに対して適切に対応する体制を構築しております。
こうしたリスク管理体制の下で、自己資本/リスク/収益のバランスのとれた、健全で収益力の高い経営を実現してまいります。

2020年4月1日現在

広島銀行ではホームページ(https://www.hirogin.co.jp/)をリニューアルいたしました。
お使いのブラウザ・バージョンによっては、正しく表示されないことがございます。
その場合、インターネットバンキングをご利用のお客さまは、画面下のログインボタンよりお進みください。
このまま、ご覧いただくには、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページにお進みください。

インターネットバンキングをご利用の際に、ホームページが正しく表示されない方は、
こちらのボタンから「ログイン」してください。