NISA

NISAとは、株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税で運用できる制度です。「つみたてNISA」と「一般NISA」の2種から選べます。

最長20年間の運つみたてNISA「長期運用を見据えて、投資信託の積立でコツコツ資産形成を行いたい方、積立てる額を少額からはじめたい方にオススメ!」

年間120万円までの運用益が非課税!一般NISA「幅広い投資信託の中から、自分で選んで運用をしたい方、積立だけではなく、一括の購入も含めて運用を行いたい方にオススメ!」

新規で開設する場合

口座開設に必要な書類

NISA口座開設には、「非課税口座申請書 兼 申出書」、「個人番号カード(通知カード等)」が必要となります。

再開設する場合(他金融機関から広島銀行へNISA口座を変更される場合)

NISA口座の金融機関変更・再開設時には以下の3点の書類をご提出ください。

本人確認書類、「非課税管理勘定廃止通知書」または「非課税口座廃止通知書」(コピー不可)、NISA口座開設申込書、個人番号カード(通知カード等)

NISA口座を開設する金融機関は1年単位で変更することができます。

  • ※すでにNISA口座内で買い付けをしている年分については、同年中の金融機関の変更はできません。

【一般NISA・つみたてNISAご利用にあたって共通のご注意事項】

  • ①日本にお住まいの20歳以上の個人の方(口座開設年の1月1日時点)が口座を開設できます。
  • ②つみたてNISA・一般NISA口座開設には、投資信託の口座開設が必要です。
  • ③つみたてNISA・一般NISA口座は全金融機関を通じて、同一年において一人一口座のみの開設となります(金融機関変更をした場合を除く)。金融機関の変更を行い、複数の金融機関につみたてNISA・一般NISA口座を開設したことになる場合でも、各年において1つのつみたてNISA・一般NISA口座でしか購入することができません。
  • ③つみたてNISA・一般NISA口座内の株式投資信託等を変更後の金融機関に移管することもできません。なお、金融機関を変更しようとする年分の非課税投資枠で、すでに株式投資信託等を購入していた場合、その年分について金融機関を変更することはできません。
  • ④広島銀行でのつみたてNISA・一般NISA対象商品は株式投資信託のみです。
  • ⑤つみたてNISA・一般NISA口座は他の口座との損益通算、損失の繰越控除はできません。
  • ⑥つみたてNISA・一般NISA口座には非課税投資枠(NISAは年間120万円・つみたてNISAは年間40万円)が設定されており、株式投資信託等を一度売却した場合、その分の非課税投資枠を利用した再投資はできません。
  • ⑦つみたてNISA・一般NISA口座預り分から発生した収益分配金を再投資する場合も非課税枠を利用することとなります。
  • ⑧非課税となる投資枠の残額を翌年以降に繰り越すことはできません。
  • ⑨投資信託における分配金のうち元本払戻金(特別分配金)は従来より非課税であり、つみたてNISA・一般NISA口座での制度上のメリットは享受できません。
  • ⑩つみたてNISA制度とNISA制度は併用できません。どちらかを選択する必要があります。
【お問い合わせは】ダイレクトマーケティングセンター0120-140-279 平日/9:00〜17:00 (土・日・祝休日、および大晦日・正月3が日は除く)フリーダイヤルをご利用頂けない場合は082-544-1557(通話料はお客さま負担となります)

広島銀行ではホームページ(https://www.hirogin.co.jp/)をリニューアルいたしました。
お使いのブラウザ・バージョンによっては、正しく表示されないことがございます。
その場合、インターネットバンキングをご利用のお客さまは、画面下のログインボタンよりお進みください。
このまま、ご覧いただくには、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページにお進みください。

インターネットバンキングをご利用の際に、ホームページが正しく表示されない方は、
こちらのボタンから「ログイン」してください。